読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワキタヤBLOG

おすすめしたい製品や役立つ情報をお届けします。

「黒剣のクロニカ 02」を読む。まさかのモンスター娘小説!

 

黒剣のクロニカ 02 (星海社FICTIONS)

黒剣のクロニカ 02 (星海社FICTIONS)

 

 

「マージナルオペレーション」「遙か凍土のカナン」に続く、芝村裕吏、しずまよしのりペアの新シリーズの最新刊。

3月に発売されているのを気づかず、慌てて購入。

1巻を読んだ時は地中海文明的なファンタジー世界で主人公の少年の成長を描く、オーソドックスな教養小説的な内容になるのかと考えていたのですが、2巻からまさかのモンスター娘小説でした。

んあー(歓喜)

以下、感想です。

 

ケンタウロス娘やドリアードはファンタジー的な世界観を彩る一要素だと思っていたけど、まさかそれをグイグイ推してくるとは思いもしなかった。

主人公のフランはケンタウロスに欲情する神話級の特殊性癖を持った人間と言及されていたけど、お笑いで言う「振り」だったのか。

ケンタウロス娘、ドリアードに続いて、2巻で家臣としてモン娘が100人!加わります。

ちゃんと挿絵付きで全員活躍して欲しい。

しずまさんが描くモンスター娘を一杯見たい!

 

文章はマジオペと比較しても文体が簡素なので、するっと読める。

逆に言うと喉ごしが良すぎて物足りない。

設定として古文書(偽書?)を現代語訳した物語という体をとっているらしい。

確かに叙事詩のような淡々と物語が進んでいく雰囲気は出ているとは思うが、感情移入のためのフックがあまりないので、ダラーっと眺めるような読み方になってしまう。

 

2巻の終盤で主人公の親友ウラミが敵役として出てくるけれど、戦いがアンパンマンとバイキンマンの戦いのようで描写に緊張感がない。ダイジェストのような印象。

ウラミは続刊でも毎回出てきて「はーひふへほー」と言わんばかりのやられ方をするんだろうな。

 

人によってはこの簡素な文章と淡々とした物語の進み方が稚拙に見えて受け付けないかもしれない。

もともとゲーム作家の人なので、ガチの小説では戦えないという判断があるのかも(邪推に過ぎないが)ただ、自分の出来る戦い方を選ぶという戦略は正しいと思う。人間出来ることで頑張ればいいのだ。

 

あとハーレム系ラノベにありがちな女の子の好意に気がつかない主人公にリアリティを与える作業は大変だろうな。

ただの鈍感というだけでは人間としての感受性を疑うレベルの鈍感になるし、都合のいい難聴というのも読者の目が今後厳しいだろう(えっ、何だって?)

 

その点、芝村さんは無理のない範囲で「まあ、これくらいなら」という落とし所を心得ていると思う。

マジオペのアラタは子供を戦場に送り込む罪悪感から心を殺しているし、黒剣のクロニカのフランは自己評価が低さから、人に好かれるわけがない、好かれてはいけないという思い込みがある。

まあ、兄貴に日常的にお尻をXXXされていたり、自分のせいでお祖父ちゃんがXXXされていれば、トラウマから自己評価も低くなるか。

自己評価が低いけれど、実はすごい能力があって周り(女の子が!)が勝手に評価してくれるシチュエーションはボンクラ男子、永遠のあこがれ。

 

でも、同じようなボンクラ男子が好みそうなジャンルである「なろう系」小説は苦手。現代の技術や知識を持って異世界に転生するという、まんま植民地主義丸出しのシチュエーションは個人的には好かんです。

読んでいると悲しくなるから・・・。まだ現実であがこうぜ!と言いたくなるから・・・。

 

しかし、モンスター娘って性癖的にはどれくらいメジャーなんだろうか。

「ちょっと流行ってるらしいから乗っかってみよう」というにしては市場が狭くないか、このジャンル。

まあ世の中には「氷漬け・石像にされてしまった女の子フェチ」(状態変化フェチ)みたいな性癖もあるので、モンスター娘好きの方が業が浅いとは思うけれど・・・

 

欧米人にはケモナーが多いと聞くし、インターネットによって変態の輪は確実に大きく、太いものになっていっている・・・・・・

 

何にせよ、しずまさんが描くモンスター娘が見られるならば、何巻続いてくれてもかまいません。

今後は地中海の諸島を巡って冒険するようなオデュッセイア→ワンピースのような話の展開になるのだろうか。

 

マージナルオペレーション改ともども続刊を楽しみにしております。

クラフトボスを好んで飲む日々

 

 

ここ数週間クラフトボスを好んで飲んでいる。何なら1日2本買う日もあるくらい。

出勤時にコンビニで買って半日くらいかけてちびちびと飲んでいくのにちょうど良い。ボトル缶のコーヒーでも400ml入りのヤツがあるけれど、総じて味が濃い。確かに350mlで飲む分にはちょうどいい濃さだけれど、500ml飲むとカフェインで酔っ払ったような状態になってしまう。

対してクラフトボスはスッキリした味わいでちょうど良い。仕事のお供にちびちび飲む飲んでいくのにちょうどいいバランス。お茶でも水でも炭酸でもない、コンビニの100円コーヒーもちょっと気分じゃないなという私特有のニーズ(狭い)に応えてくれる素敵な商品だ。

誤解を招く表現かもしれないが、クラフトボスは水とコーヒーの中間のような飲み物である。

決して水で薄めた薄味のコーヒーという訳ではない。クリアな味わいというのか、後味が水を飲んだような後のようにスッキリ爽やかなのだ。コーヒーとしてはどうかとは思うが、余韻が薄いとも言える。

ウィスキーでいうとカナディアンクラブのような感じだ。ウィンスキーとしてどうなのかというくらい、癖がなくて飲みやすい。

クラフトボスはコーヒーが苦手な人でも飲めると思う。

 

クラフトボスが販売される前は400ml近く容量がある大きめのチルドコーヒーをよく買っていた。オハヨーなど乳業メーカーがよく出していたあれだ。マウントレーニアでもいいけど、出勤時に買って、午前中にちびちび飲むにはちょっと量が少ない。

最近はどこのコンビニもPBのマウントレーニアサイズのチルドコーヒーしか置いていないので、困っていたのだ。マウントレーニア甘いし、味に飽きる。

クラフトボスは味のついている水の感覚で飲めるが、しっかりコーヒーなので、満足感が高い。

あと、ペットボトル入りで持ち運びに便利なのもよい。ボトル缶はフタの締め込みが甘いと鞄の中がダバダバになっていことがあるから・・・・・・

 

クラフトボス、夏限定販売っぽいけど冬も売ってくれないかなー。冬でもアイスコーヒーを好んで飲む層がいるんですよ!

ブルゾンちえみを見ていると何かゾワゾワする

芸能界に彗星のように現れ、彗星のように消えつつあるブルゾンちえみ嬢。

彼女をTVで見る度に何か体がゾワゾワする。

 

ネタ自体は嫌いではない。

言ってしまえば不細工な女の子(失礼!)が決め顔で振り返るだけなのだが、リズムと間の取り方で笑うまではいかないが、おかしみは感じる。

化粧も含めて顔が面白いという、にらっめっこレベルのおかしさである。サンシャイン池崎と同類だ。

 

サンシャイン池崎は牧歌的な感じがするが(心に闇を持っていそうだが)、ブルゾンちえみからは非常にマーケティング的な臭いがする。

売れている女芸人の要素を集めたキメラのような印象すらある。

会議室で事務所のスタッフが練り上げたキメラだ。

当てにいって、実際当たったのがからすごいとは思う。事務所に時代を読むセンスがあるすごい奴がいるんだろう。

 

マーケティング臭がするから気に入らないということもあるけれど、このゾワゾワ感はそれだけでは説明がつかない。

ゾワゾワ感でいうと、中山秀行を見ている感覚に近いが、彼の場合は何故ゾワゾワするのか自分の中ではハッキリしている。
ヒデちゃんは笑いを取りに行く時、何も面白いことをいっていないのに、「ね、俺って面白いでしょ?」と何か面白いことを言った雰囲気を出す。

その空気に飲まれてつい笑ってしまう人がいる。

限りなく愛想笑いに近い笑いだが、ヒデちゃん本人はお愛想だとは考えていなさそうに見える。

その道化ぶりを見ていると体が震えるのだ。

ある意味才能なんだろうけど、もう見ていられないのだ。

 

ブルゾンちえみにも何か似たようなモノを感じているのだろう。

それがなんなのかが分からないからモヤモヤしている。

ただ、ネタ自体は嫌いじゃないんだよなー。

土井先生の「一汁一菜でよいという提案」を読む

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

「おかずクッキング」で有名な土井善晴先生の新著。

レシピ本かと思いきや、エッセイ集です。

 

内容はタイトル通りで、日本人の家庭での普段の食事があまりにも手の込んだ内容になってしまっているので一汁一菜というところまで食事を初期化しましょうといった内容です。

ご飯とお漬け物、あと具沢山の味噌汁(汁物とメインのおかずを兼用)があれば「ちゃんと料理している」ということにしていいじゃないですか、という土井先生の提案ですね。

 

本の内容も面白いのですが、amazonのレビュー欄が一番面白いです。

「土井先生、よく言ってくれました!」と絶賛する内容がほとんどで、日本のお母さんがいかにちゃんとした料理を出さなければならない、というプレッシャーを受けていたかということがよく分かります。

三食きちんと自炊するとなると、日中はずっと頭の片隅に料理のことがある状態になるので、非常に疲れます。

食材を用意して、料理して、食べて、洗い物をしてというので、簡単な料理でも一連の流れで小一時間かかってしまいます。

三食きちんと自炊しようとなると、半日はいいすぎとしても、日中の活動時間の三分の一くらいは食べることとその準備に取られることになる。それだけ食事というのは生きていく上で大事なことだ、と言えなくもないが、現代の生活ペースではこの時間負担は厳しい人が多いんじゃないでしょうか。

実家の母はこんなにしんどいこと毎日やっていたのかと頭が下がります。

 

自炊を始めたいけど面倒だなと考えている人は読むとちょっと自炊してみようかなと思えるでしょうし、自炊しているけど「もっとちゃんとしないといけない」と考えている人は別に肩に力を入れなくてもいいんだと安心できるでしょう。

 

正直、本の後半部分は「日本人の心とは」といった保守傾向のおじさんがよく考えているような凡庸な内容で読んでいて退屈なので、読むなら前半部分だけでよいでしょう。

 

冒頭でも触れましたが、amazonのレビュー欄が本当に面白いので、興味がわいた人は是非覗いてみて下さい。 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 

また、本の内容とは少し外れますが、ヨーロッパで生活している人のブログを読んでいると、共働きが普通のなので、買ってきたものをそのまま並べて食べるのが割と普通のことであるということが書いてあります。

日本のスーパーで売っているサラダミックスは高くてまずいが、フランスなんかではグラム売りをしてくれるようで、安くて美味しいらしいです。

ホテルの朝食でもコンチネンタル・ブレックファストを選ぶと火を使わない食べ物が出てくるように、大陸の人は合理主義の精神性が出来合モノを買ってきて食べるということに抵抗感がないことにつながっているのかも(違うか)

日本ではお総菜をそのまま並べると手抜きをしているという風に見られる風潮がまだあると思います。

土井先生の言うように日本の家庭料理に当たり前のように求められている水準が世界レベルでみると高いということなんでしょう。

日本も共働きが当たり前になりつつありますが、まだまだお母さんに求めるもの(おおいなる母性!)が大きいんだなと思います。

自分も含めて甘ったればっかりですね。

精進します!

Bauhutte (バウヒュッテ)のデスクを購入する。お手軽価格の昇降式デスク。

新しいPCデスクを購入しました。

部屋が狭いので小さめの机を使っていたのですが、ガッツリ作業するにはやっぱり手狭。

市場 アンセム デスク ANT-2459BR

市場 アンセム デスク ANT-2459BR

 

 

なんとか部屋の模様替えでスペースをやりくりしてPCデスクを置いて、実家から液晶ディスプレイを運びこみたい所。

 

 

買ったは机はこちら。

バウヒュッテの昇降式PCデスク。

 

多くの日本人のご多聞に漏れず、胴長短足なので普通のオフィスデスクを買うと足がべったりつかないのだ。

フットレストを置くという手もあるけど、なんとも落ち着かないので、高さを調節できるデスクがいい。でも昇降式デスクは大体高い。

 PCデスクとして人気のGARAGEシリーズは高さ調整ができる製品は最低での5万円くらいします。あと今の部屋に置くには大きすぎる。

Garageシリーズは気になるのでもっと大きな部屋に引っ越してから買いたい。

 

現状はスペースの問題で幅は100㎜までで収めたい。そこで見つけたのがバウヒュッテの昇降式デスクです。

価格も1万5000円程度で許容範囲。


組み立ては簡単で男一人で30分程度。昇降に関してもレバー式なので簡単。
よくあるネジで固定するタイプは微調整が面倒なので、これは便利。

見た目も価格の割にシックでいい感じです。

 

いまいちな点は、足がセンターにしかないデスクにありがちなことだけど、キーボードを叩くととディスプレイが揺れる揺れる。バブルヘッドかというくらいに。

これは壁にくっつけて固定することで回避できるとはおもいますが、気になる点ではあります。

てこの原理で机の手前方向を押すと机の奥側が上がるので、ノートPC利用時には揺れは特に気にならないとは思います。

 

細かい不満はありますが、昇降式のデスクがこの価格で購入できるのはすごいことだと思います。

机の高さを合わせないと、腰にも肩こりにも悪いですからね。

お手柄価格の昇降式デスクをお探しに人には是非おススメです。