ワキタヤBLOG

趣味の日記ブログです

DELL XPS13を1年使ってみての感想。薄型のベゼルは集中力アップの効果アリ

XPS13を購入して1年たちました。
プライベート用に購入したので、持ち運ぶ頻度は低いのですがノートPCが好きなんです。

何故かというと自宅でなかなか勉強や作業ができないタイプの人間だからです。
ブログも大体、カフェなどにPCを持ち出して書いています。

この癖はなんとかしなければならないなとは長年考えているのですがなかなか治りません。

家では大画面が欲しければ外付けディスプレイをつながればいいだけですので、プライベートのPC利用においても、ノートPCを選択するのが個人的にはベストな選択なのです。

以下、XPS13を1年使用した感想です。

薄くてコンパクトなのが最大のメリット

ベゼルのが薄いと集中力が高まる

XPSシリーズの最大のウリであるインフィニティエッジ。

ギリギリまでベゼルを薄くすることで、13インチ液晶を搭載するノートPCでありながら、一昔前の10インチノートPCと同等までにボディサイズを小さくすることに成功したというDELLご自慢の製造技術です。

ベゼルが薄いことは集中力を上げるためにも役に立っているのではないかと感じます。

個人的な感覚でしかないのですが、ベゼルの厚いディスプレイより、XPS13の方が没入感が高いです。

文章を書いていて、仕事で使っているレッツノートより集中できます。
キーボードの出来はレッツノートの方が上なのでタイピングしていて気持ちいのはレッツノートなのですが、XPS13の方が集中力が長く持続します。

DELLがそこまでのことを考えてインフィニティエッジを採用したのかはわかりませんが、薄型ベゼルは仕事の効率を高めるという点でも役に立っています。

XPS13を買ってよかったと思っている一番のポイントです。

薄いのは何かと便利

完全に見た目がカッコいいとの理由でXPS13を選んだのですが、機能面でも薄いほうが何かと便利です。

薄いと持ち運ぶための鞄を選ばなくてよいので便利です。
ちょっとしたトートバックにも入ります。

レッツノートも薄くなりましたが、保護ケースを使用するとなんだかんだで厚みは3cmを超えます。

普段使っている鞄にポンと放り込める気軽さがいいですね。

1.3kgは結構重く感じる

XPS13の重量は約1.3kgです。
モバイルPCでは1kg以下のPCが最近では主流のため、若干重い部類です。

手で持ち上げる分には軽く感じるのですが、カバンに入れると途端に重く感じます。

薄くしようとすると強度を上げるために金属を多用するころになり重量も重くなるのである程度は割り切りが必要です。

ブリーフケースに入れて持ち歩けない重さではないですが、結構なずっしり感です。
TPOが許すなら鞄はショルダーバッグかバックパックの使用がオススメです。

バッテリー持続時間は良好

バッテリーは状況によりますが、メールの確認、文章作成という軽めの使い方であればフル充電からで7~8時間は持ちます。

ブラウザで動作するアプリなど常時ネット接続が必要な作業では5~6時間くらいでバッテリーが切れます。

まあ、薄型ノートPCなので、こんなもんでしょうね。

外でガッツリ作業をしたい人には向いているPCとはいいがたいです。

外出時のメールチェックや軽い資料作成程度、あと私のように外でブログを書きたいという程度の用途であれば、十分なバッテリー性能です。

バッテリー持続時間重視ならレッツノートがオススメ

バッテリー持続時間が重要なのであれば、レッツノートでしょうね。
会社支給のPCがレッツノートなのですが、オプションでLバッテリーを装着すると常時ネット接続が必要な作業でも余裕で10時間以上使えます。
高いだけあります。

お金があってビジネス利用がメインなのであればレッツノートがベストですよ。

パナソニック CF-SZ6CDAQR Lets note SZシリーズ

パナソニック CF-SZ6CDAQR Lets note SZシリーズ

キーボードは普通

写真でみるとENTERキーとBack Spaceキーが極端に細長いXPS13ですが、問題なくタイピングできます。
ただ人によってキーの叩く位置の違いやタイピングの癖ありますので、不安な人は家電量販店などで一度触ってみることをオススメします。

キータッチは可もなく不可もなく、本当に普通です。
薄型ノートPCにしては深めのストロークで、撫でるようにタイピングする人も突くようにタイピングする人も違和感なくタイピングできると思います。

私は普段、Libeltouchを外付けキーボードとして使っているので、XPS13のキータッチはどうしても重く感じてしまうのですが、ノートPCとしては悪くない部類だと思います。

机がどっしりしているとキーボードの打ち心地が多少良くなる

スチールのデスクや重めの木製デスクでタイピングしている時と、コーヒーショップなどの薄いデスクでタイピングするときでは、打ち心地が全然違います。

これはXPS13というより薄型ノートPC自体の問題かもしれませんが、薄いため、タイピング時に底打ち感がするというか、どうにも安っぽい印象が指先に残ります。

机自体が厚い、どっしりしたデスクの上でタイピングすると底を打った時の筐体がビリビリするような振動が緩和されて、若干打ち心地が良くなります。

印象の問題なのですが長時間タイピングしていると全然違うので、ノートPCを開きたいときにできるだけがっしりした机を探すようになりました。

キーボード重視ならThinkpadのX200系統

あとノートPCでキーボードの質感を重視するならやっぱりThinkpadでしょうね。
しかもX1系の最近の薄型系ではなく、昔ながらルックスのX200系のキーボードが最高です。

X1 carbonも悪くないですが、X270と横並びで打ち比べると違いが良くわかります。
「どうせ買うならX270だな」という気持ちになります。

プライベート用のノートPCをお探しの人でもタイピングする時間が多い人はThinkpadがオススメです。
というか私が次に買うならThinkpadのX200系統ですね。

japanese.engadget.com

薄型で軽量、さらにキーボードの作り込みというもいいという理由で富士通の「UH90/B3」も捨てがたいのですが・・・

悩むところです。

画像処理性能

photoshopで軽く写真をいじるくらいのことしかしていませんが、動作が重くなることはないです。
ファンが回ることもありません。

まあPhotoshop自体がどんどん軽くなってきていることもあると思いますが。

ビジネスユース、ホームユースで使う程度の写真編集、動画編集であれば問題なく使えると思います。

できるゲームについて

このPCを検討している人でバリバリPCゲームしようとしている人はいないと思いますが、2Dゲームをやる分には全く問題ないですよ。

「Momodora -月下のレクイエム-」「Owlboy」「Nuclear Throne」「Crypt of the NecroDancer」をプレイしましたが、ストレスなくプレイすることができました。

3DゲームではSteam版の「シルバー事件HD」はプレイできましたが、プレイ中ずっとファンがフル回転していました。

カジュアルなゲームならできるよということで。

カーボン調のボディは指紋が目立つ

指先をべったりつけるとこんな感じで目立ちます。

ただ、指先拭うだけで消えるので、段々と気にならなくなります。

慣れの問題ですね。

まとめ

macbbokっぽいwindowsマシンが欲しい人には最有力候補の一つなんじゃないでしょうか。

薄くて小さくてカッコいいPCが欲しい人にはちょうどいいと思います。

もはや1kg切りのモバイルPCも多くなってきため、お世辞にも軽いといえませんが、持ち運びが苦になるような重さでもないです。
Macbookairの13インチも約1.3kgですからね。

買った当初のレビュー記事でも書いたのですが、全体の質感は非常に高いレベルでまとまっていると思います。
wakitaya.hatenablog.com

特にゴールド色はMacBookにも引けを取らないくらいカッコいい仕上がりだと個人的には思っています。

ノートPCを買うとやっぱり持ち歩きたくなります。
使っていても見た目は重要です。
テンションが上げはしませんが、下げはしないのがXPS13です。

会社で支給されているレッツノートは道具としては最高ですが、見た目でテンションが下がることがあります。
プラスチッキーな感じがどうにも受け付けないときがあります。
会社支給なので、見ると仕事を連想するという刷り込みもあるかもしれませんが・・・

XPS13は1年使っていて不満らしい不満はない、モバイルにもメインにも使えるよいPCです。

PCベンダー各社、Macbookクローンをこぞって作っていますが、特に小さいPCをお探しの人にはXPS13を強くオススメしたいです。