ワキタヤBLOG

趣味の日記ブログです

「通勤講座」は忙しい社会人の資格取得の役に立つか? 試しに簿記対策講座を受講してみた。

f:id:wakitaya:20180205131420j:plain
急遽「簿記3級」の資格が必要になってしまいました。

現在勤めている会社に、いままで「昇格・昇進条件」はあってないようなものでした。
あったとしてもせいぜい在社年数と、上司の推薦程度。

しかし、来年度入社以降の新入社員は、簿記3級の取得が最初の昇格条件になるようです。

確かにどんな業務に就くしても、簿記の知識はあった方がいいでしょう。

私、新卒で入社して十数年ですが、簿記の資格を一切持っておりません。

気の利いた学生ならば、簿記3級は就職活動の“足し”として大学時代に取ってる人も多いはず。

ボンクラ学生だった私は「働きだしたら実務で覚えるでしょ」と財務方面はノーガードでした。
(実際、簿記の知識がなくても、B/S、P/Lシートは3年も会社員をやっていればある程度読めるようになります)

そんなボンクラの私ですが、なんだかんだで現在、チーム内で中堅のポジションにいます。

「お前が持ってないと下に示しがつなかないだろ」とボスからお達しがあり、早いこと簿記3級を取っておかないとまずいことになったわけです。

資格予備校は社会人には何かと不都合

「俺もいい歳だ! 金の力で何とかしてやろう!」と考えて、資格予備校について調べたところ結構受講料が高い(弱気)

しかも、(当たり前だが)厳密に時間割が決まっています。

終業時間が不規則な営業マンには平日、予備校に通うのはちょっと厳しい。

社会人向けに土曜日コースも設けられていますが、カリキュラムを見ると午後から半日ぎっちりと授業がある。

平日が割とハードなので、週末に時間をとってガッツリ勉強するのは正直しんどいです。

出来ればスキマ時間を使って効率的に勉強したいと探して見つけたのが「通勤講座」でした。

通期講座とは?

 ビジネス実務法務検定 通勤講座

その名の通り通勤時間に動画を見て勉強しましょうという動画学習サービスです。

動画1本の長さは5~10分で、1講座は大体3~4動画(約30分)構成されています。
通勤に電車を利用するサラリーマンは、大体往復で30分以上は電車に乗っていると思いますので、まさに通勤時間にジャストサイズ。

音声ファイルのみの再生も可能なので、車通勤の人もオーディオブック感覚で資格の勉強をすることが可能です。

動画はスマホからも、PCからも視聴することができます。

通勤講座を使ってみて

結論からいいますと、簿記2~3級程度の資格であれば、通勤講座で十分対応可能だと思いました。

試験対策として過去問題集を買ってやりこむ必要はあるでしょうけど。

ビジネス実務法務検定なども通勤講座だけで十分対策できるでしょう。

司法試験など難関資格の対策講座もありますが、ちょっと通勤講座だけの学習では難しいとは感じます。

ただ、通勤時間内に内容を復習したいという方には便利なサービスです。
補助的に使うのがいいんじゃないでしょうか。

動画はやっぱりわかりやすいし、便利です。

通勤電車で座れることは稀なので、立ちながらでもスマホで見られる動画は、勉強を続けるためにも最適だと思います。

一回受講した講座の復讐は音声ファイルを聞き流すだけでも、結構効果があります。

学習の流れ

1.行き、帰りの通勤時間、休み時間やスキマ時間で動画を見る
2.帰宅後PCで練習問題を解く、復習する。
3.昨日の内容を動画で復習する。

1~3を繰り返すのが、私には合いました。

スマホ版でも練習問題はやれないことはないですが、画面が小さいのでやりにくいです。
PCでじっくり取り組んだほうがいいと思います。

間違ったところだけを出題できるモードもあるので、何度も練習問題を繰り返して体に覚えこませるというスタンスがいいと思います。

読みっぱなし、動画を見っぱなしでは身につかないので、どんなに内容が頭に入ってなくても、通して動画を見た後は練習問題をやってみるのがいいと思います。

全問不正解でも構いません。

どんな出題がされるのかを分かった上で、もう一度動画を見直すほうが試験勉強としては正しいです。

ちょっとイマイチな点

スマホ視聴時の再生速度の調整

スマホ版は1.5倍、2.0倍しか調整できないのがイマイチです。

PC版はもっと再生スピードの調整が自由で、個人的には1.2倍くらいの速度が聞き取りやすい。

講師の人は聞き取りやすさ重視でゆっくり喋っているので、通常再生速度はゆっくりに感じます。

スマホ視聴時は動画とテキストを同時に見られない。

同時に見ることはまずないのかもしれませんが、スマホ版は「続きをみる」のリンクをクリックして、テキストを見ようとすると別ページで表示されます。

文字の拡大縮小がする機能を実装するために、別ページにする必要があるのかも。
文字の大きさは、標準の100%表示で特に問題ないと思います。

まあ、テキスト自体が動画のスライドをまとめただけのものなので、頻繁に見る機械はないと思います。

とにかく気になるところ、わからないところは繰り返し再生するのがよいでしょう。

まとめ

受講してみた感想のまとめですが、合格率が50%前後の資格は十分通勤講座だけで対策可能だと思います。

難関試験対策にも補助的に利用するのが便利なサービスでしょう。

また、資格予備校に本格的に通う前にどんな内容なのか事前に軽く勉強する使い方もできると思います。

人には向き不向きがありますので、覚悟を決めて資格予備校に通いだしても、難しすぎて授業についていけないことは考えられます。

通勤講座の各講座の価格は、資格学校の相場価格の約10分の1に抑えられています。

資格学校に通えば50万もかかるところ、5万程度で一通りの内容を学ぶことができます。

見切りをつけるにしても通常の資格学校で学ぶより、痛手は安く済みます。

買い切りなので、再チャレンジしたくなったときや、復習にも便利です。

また、資格取得の見切りつけたとしても、学んだことは無駄ではありません。
どこかで必ず役に立ちます。

あと、通勤講座の良心的なところは月額課金制ではなく、買い切りだというところです。
一度購入すると追加料金なしで動画をずっと視聴することができます。

最近はサブスクリプション制の月額課金サービスが多いので買い切りなのはありがたいです。

とくに簿記対策講座は1980円なので、下手な参考書を買うくらいなら通勤講座のほうがよほど使えると思います。

会計系では「税理士」「簿記」「FP」、ビジネスに役立つ資格では「宅建士」「中小企業診断士」、法律系では「ビジネス実務法務検定」など、資格のラインナップは充実しています。

司法試験

動画はやっぱりわかりやすいので、資格取得を検討している人は通勤講座の受講もぜひ検討してみてください。