ワキタヤBLOG

趣味の日記ブログです

気持ちよく眠るために実践している習慣まとめ。睡眠の質を上げる方法。

f:id:wakitaya:20171010211009j:plain

睡眠の質は生活の質

春と秋は気持ちいい季節ですよね。ついつい寝すぎてしまいます。睡眠が趣味とでも言っていいくらい寝ることが好きです。

そんな私の気持ちよく眠るために実践している睡眠のための習慣についてまとめてみました。

30代に突入してから、睡眠は質は生活の質に直結していることに気づかされましたね。
いったん崩れると戻すのが非常に面倒ですから、睡眠のサイクルを維持するための習慣づけは超重要です。 

快適な睡眠のための習慣

適度な運動(夜のウォーキング)

筋トレも含め基本的に運動はそんなに好きではないですが、快適な眠りのために30~60分程度、夜にウォーキングをしています。

「適度な疲労感が心地よい」みたいな感覚は生まれてこの方思ったことはないですが、睡眠のために割り切ってやっています。 

聞くところによると「適度な運動」の適度の具合は「階段の上り下り程度の負荷」を指すらしいです。

集合住宅に住んでいる人はエレベーターではなく、階段を使うだけで「適度な運動」になります。 

確かにウォーキングをした日のほうが眠りに入るまでが早い感覚があります。

寝る1時間前に入浴

体温を上げてから1時間位すると自然と眠くなって、寝付きが良くなると言われています。
人間、体温が下がるときに眠気を感じるようです(雪山とか?)。

なお、シャワーは体の表面温度を上げるだけで、体温は上昇しないので、きちんと湯船に浸からないとないとダメです。

夏場はシャワーでささっとで済ますのが手軽でいいですが、快眠という点では湯船に浸かった方がいいようなので、毎日お風呂を沸かしています。
一人暮らしなのに風呂掃除が面倒くさい。 

睡眠リズムの乱れを感じたら「グリナ」を飲む

TVCMでもお馴染みの味の素の「グリナ」。 

味の素 グリナ 30本入り

味の素 グリナ 30本入り

 

平時に飲んで「睡眠の質が上がった」と感じることはないのですが、土日の夜更かしが過ぎたときや、睡眠のリズムが崩れてきているなと自覚があるときに飲むと効果を実感できます。

大体1週間程度飲み続ける夜の12時位には眠くなるまっとうな生活リズムに戻せます。

ちょっとお高いですけど、朝、体がだるくてエナジードリンクを飲んで元気をだすより健康的ですし、睡眠の質を上げた方が結果的に活動するためのエネルギーが底上げされると思います。

ただ、常飲するのはなんとなく怖い(飲まないと眠れなくなりそう)ので、就寝のリズムが崩れている自覚がある時と、季節の変わり目など就寝のリズムが変わりそうな時期に短期集中で飲んでいます。

マットレスを変える

いいものはいい、いったん生活水準を上げると落とすことは難しいという理由で日用品の類は安物で済ませるようにしています。しかし、寝具は別です。

折り畳みができるのでスペースが活用できるということで、折り畳み式のすのこベッドを愛用していたのですが、結局折りたたまないし、夏は涼しくていいですが、冬はやっぱり寒いです。

腰は割と頑丈なのですが、疲労が溜まると主に右肩が痛くなります。プラモデルみたいに右肩だけ交換できないかと本気で思うくらい痛いときは痛いです。

眠るときもちょっとした圧迫を感じるだけで右肩が痛くなり、結果、睡眠も浅くなるという負のサイクルに突入していました。

やっぱり安い綿布団ではだめだなと考え、引っ越しを機にベッドとマットレスに買い替えたのですが、きちんとしたマットレスはやっぱりいいです。
朝、起きる時のだるさが段々無くなります。 

買ったマットレスは山本昌も愛用しているという高反発マットレス「モットン」。 

「モットン」の公式サイトを見る

マットレス訴求

最初はベタに「エア・ウィーブ」あたりを買おうかと考えてましたが、鉄人・山本昌氏が愛用していたということで「モットン」に決めました。

正直、野球はあまり見ませんし、ドラゴンズファンというわけでもないのですが、50歳までプロ野球選手で居続けた人のおススメは説得力が違うよな、と思っちゃいました。
我ながら単純です。

購入してから1週間くらいは「まあ普通のマットレスだな、損したかなー」と思っていたのですが、1か月程度使い続けるうちに肩の痛みを感じなくなっていることに気づきました。

現在、継続使用3か月目ですが、肩の違和感はほぼ解消されていますので、実際「モットン」の効果があったと思っています。

高かったので思いこもうとしているところもありますが(笑)、布団で寝ていた時と比べると朝起きるときの体のきしみは明らか違いますね。
スッと起きられるようになりました。

あと、布団と比べるとホコリが出ないところが、地味にいいです。
長年布団にこだわりを持ってきましたが、いまや完全にマットレス派です。

厚みが10cmなのでボックス型のベッドシーツが使えないのが個人的には面倒くさいポイントですかね。

いいものを知ってしまうと以前に戻れないというネックはありますが、長期的な目で見て、体の健康、快適な睡眠を考えると寝具にお金をかけることは悪くない投資だと思います。

朝、起きた時から気分がいいって素敵だと思いませんか? 

高反発マットレス「モットン」の公式サイトを見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしていただけると嬉しいです。