ワキタヤBLOG

趣味の日記ブログです

読んでよかった「営業マンにオススメ」のマーケティング関係の本

f:id:wakitaya:20180104233017j:plain

営業マンとして駆け出しのころは、とにかく訪問件数を稼げばいいわけですが、それなりの年齢になるとそれだけだと行き詰ります。
頭を使わなければ、社内でも社外でも生き残れません。

大きな会社ではマーケティングの専門部署もあるのでしょうが、小さな会社ではマーケティングは営業マンの業務の範疇になります。

給料を上げてほしいところですが、営業マンの仕事にもはやマーケティング業務が含まれているんですよね。
そこまでやらないともう営業マンとしての仕事を得ることができない時代なわけです。

というわけで、今まで読んできたマーケティング関係の本の中で、これは勉強になるなと思った本をご紹介したいと思います。

グロービスMBAマーケティング

改訂3版 グロービスMBAマーケティング

改訂3版 グロービスMBAマーケティング

グロービスで実際の使用されているマーケティングの教科書。

教科書なので当たり前だけど、文章が教科書的で非常に読みやすい本。
実例も豊富でイメージが湧きやすいです。

分厚いのでくじけそうになるかもしれないけど、1日10ページくらいのペースでちょこちょこ読み続ければ1ヶ月後には一通りマーケティングの知識が身についているはず。

マーケティング本の中では第一にオススメされることもあり、必ず読んでおきたい一冊です。

マーケティング・ビジネス実務検定 ベーシック版テキスト

マーケティング・ビジネス実務検定  ベーシック版テキスト〔第6版〕

マーケティング・ビジネス実務検定 ベーシック版テキスト〔第6版〕

「グロービスMBAマーケティング」は専門書にしては読みやすいのですが、教科書的なとっつきにくさも確かにあります。

こちらの本は資格のテキストだけあって、知識重視で内容が網羅的でスッキリした記述になっています。
「グロービスMBAマーケティング」と一緒に読み進めれば、理解が深まります。

また、資格のテキストなので途中に練習問題があり、それがよい復習になります。

非常に良い本なので、マーケティング・ビジネス実務検定を受験しない人にもオススメしたいです。

事例でわかる!実践BtoBマーケティング

事例でわかる!実戦BtoBマーケティング お客様に頼られる存在になるための戦略実行

事例でわかる!実戦BtoBマーケティング お客様に頼られる存在になるための戦略実行

マーケティング本には珍しいB to Bビジネスについての本。

営業マンのほとんどがB to Bビジネスに身を置いていると思うのですが、マーケティング本は基本的に消費者向けの理論や事例が多いので、普段の仕事に生かしずらいのが難点です。

こちらの本は、例えば「組織の中でも裁量権のある人物(キーマン)にアプローチすべし」といった事例が豊富です。

組織の中での意思決定についてマーケティング理論をどう生かすのかという内容になっており、読んで営業の仕事にすぐ生かせるマーケティング本です。

キチンとできる!営業の仕事と営業戦略

キチンとできる!営業の仕事と営業戦略

キチンとできる!営業の仕事と営業戦略

まずは軽い世間話で緊張をほぐす(アイスブレーキング)など面談時のテクニックや具体的な営業計画の立て方など、即使えるノウハウの記述が多く、非常に勉強になる本です。

いまでも空き時間にパラパラ見直して普段の営業活動の振り返りをよくしています。
新入社員や営業活動に行き詰った人にオススメの一冊。

本屋でたまたま手に取った本ですが、私の営業においての座右の書の1冊です。

まとめ

今後AIが高度化して、どんどん人間の仕事を奪っていくでしょう。

もちろんAIを使った新たな仕事が生まれることも予想されますが、既存の職種がなくなっていくことはさけられない事態だと思います。

何か社会変革を起こすのもアリだとは思いますが、現状、手っ取り早く対抗するにはスキルと知識を蓄えて、今の自分の地位を守ることです。

辛い戦いですが踏ん張っていきましょうよ。