ワキタヤBLOG

趣味の日記ブログです

2018年1月のsaketakuのレビュー。今月は岩手の酒蔵特集「岩手誉 大吟醸生原酒 仙台紅屋長九郎」「亀の尾 本醸造生貯蔵酒」の二本。

2018年1月のsaketakuの感想です。

1月はは岩手県の酒蔵特集です。
今月は同じ酒蔵から2本ではなく、違う酒蔵から各1本ずつのセレクトです。

岩手県だけで四国4県とほぼおなじ大きさなので、複数の酒蔵を選ぶのは必然かもしれません。

岩手だけでもまだまだ隠れた美味しい日本酒がありそうです。

saketakuの詳細についてはこちらの記事で詳しく書いていますので、よろしければどうぞ。
wakitaya.hatenablog.com

12月分の感想記事はこちらです。
wakitaya.hatenablog.com

今月の日本酒

岩手誉 大吟醸生原酒 仙台紅屋長九郎

特徴的な名前のお酒ですが、もともと料理割烹「仙台紅屋長九郎」がオリジナルで蔵元に発注していたお酒だそうです。

事情によりお店は閉店されたそうですが、お酒は残して欲しいという店主の要望で一般販売するようになったのだとか。

鑑評会出品酒ということで、昨月に予告されていた入手困難必至のお酒はというのはこのお酒のことなんでしょうね。


口に含んだ時、青りんごっぽい爽やかな香りが広がります。
金木犀の香りもふわっと香ります。

香りの通り密りんごのような甘さがします。
爽やかさな甘さです。

”フルーティなお酒”という表現がありますが、まさにフルーティという表現がぴったりです。

キックというか、しっかりしたアルコール感もあります。
ただ苦味は強くはないです。

余韻も甘さが残りますが、甘い日本酒にありがちなのもっちゃりと舌にまとわりつくような嫌な感触はありません。

さっぱりした後味というわけではないですが、キレる感じはしっかりあります。

甘いけれどしつこくない、美味しいおい酒です。

お酒の世界観が完成されているので、おつまみなしで味わうように飲んだほうがいいかもしれません。

気持ちよく酔えます。

亀の尾 本醸造生貯蔵酒

お酒の名前にもなっている「亀の尾」ですが、お米の品種の名前でもあります。

一時期栽培されることがなくなっていましたが『「亀の尾」を使った日本酒が美味しい』と聞いた昔の人がそれを種籾から三年がかりで復活させ吟醸酒をつくりました。

この復活劇をモデルに創作されたのが「夏子の酒」という漫画です。

以上、鑑定書よりの抜粋でございます。

なんとも物語性がある日本酒です。


グラスについでみてその透明度の高さに驚きます。
水なんじゃないかというくらい透明です。

味の方も見た目に違わずスッキリ、サッパリ爽やかな味です。
酸味が殆ありません。
いかにも生酒という印象を感じます。

余韻はほぼなく、スパッとキレます。
お茶っぽい風味もあって後味が本当に爽やかです。

またトニックウォーターのような程よい苦味があります。
苦味が良いアクセントになっていると思います。

カルピスに対してのカルピスウォーターのような存在というか、とにかくクビクビ飲める日本酒です。

みんなで集まったときに長時間ダラダラと飲みたい時にいいですね。
癖がないので日本酒の香りが苦手な人でも飲めると思います。

今月のおつまみ

ムニエル風いわし

今月は乾き物のおつまみかなーと考えていましたが、缶詰です。
いいんですけどね、美味しいから。

いつも通りお皿に移してレンジで温めます。

ムニエル風というだけあって味はバターの風味が効いておりイワシの青臭さは全くありません。
ただ人によっては”バター臭い”と感じるかもしれません。

にんにくが程よく香り食欲をそそります。

バターの風味が強いので日本酒より素直にワインなどの洋酒と一緒のほうが楽しめると思いましたね。

冷奴とちりめん山椒

「ムニエル風いわし」が日本酒にあんまり合わないと感じたので、最近のマイブームおつまみをご紹介したいと思います。

豆腐にちりめん山椒をちらしただけですが、恐ろしくお酒がすすみます。

最近は男前豆腐店の「男の三連チャン」がサイズ的にちょうど良いので、ヘビロテ中です。
お酒を飲むときはほぼ毎回作っていますね。

お手軽でお酒が進むのでオススメです。

今月のまとめ

改善活動の一環なのか、今月から鑑定書のサイズがA5からB5へ変更になりました。
大きいほうがやっぱり見やすいですね。

紙面を埋めるためか特別コラムが掲載されるようになりました。

マメ知識好きにはたまらない内容です。

紙の質も最初期の頃はコピー紙同然だったのが、光沢のある良い紙になりました。

印刷もくっきり見やすくなり鑑定書の内容も見やすいです。

どちらもアンケート結果の受けての改良らしいですが、若い企業らしいフィードバックの速さが好ましいですね。


定期便って何もしなくても届くのがやっぱり気楽でいいです。

楽して美味しい日本酒を飲みたい人、日本酒の新たな楽しみ方を知りたい人はぜひsaketakuを検討してみて下さい。


プロ厳選のおすすめ日本酒「saketaku」について詳しく見る