ワキタヤBLOG

趣味の日記ブログです

パラブーツのシャンボードはコーディネイトの必要がない靴。オシャレでない人こそ買うべき。

パラブーツのシャンボードをずっと愛用しています。

修理しながら7年ほど履いていますが、型崩れすることもありません。
買った当初から柔らかいソールで履き心地がいい靴でしたが、履き込むにつれてドンドン足になじんでいく感覚があります。

頑丈な靴です。
あと10年くらいは余裕で履けそうです。

なぜオシャレさんにも人気な5万近くする高級靴を、オシャレでない私が好んで履いているかといいますとシャンボードがコーディネイトを必要としない靴だからです。

便利すぎて、なんと黒と茶をそれぞれ一足ずつ持っています。

チノパンでもジーンズでも何にでも合わせられます。

合わせるというよりはシャンボートはシャンボートで独立しているという感覚です。

なので、全身の印象をトータルでコントロールしたいという本当のオシャレな人には意外と使いにくい靴かもしれません。

でも私はオシャレではないのでシャンボートの存在感が大好きです。

あと接客業の人って本当に足元(履物)を見ています。

シャンボートは見た目は、ぽってりとした形の何の変哲もない靴ですが、見る人が見れば(タグを)「いいもの履いている」認定をしてもらえる靴です。

全身ユニクロでも自分に合ったサイズの服を着ていて、良い靴を履いていれば舐められることあありません。

また、シャンボートは冠婚葬祭でなければスーツに合わせても結構大丈夫です。

スーツスタイルにこだわる人からすれば邪道なのでしょうが、抜群の防水性を誇りますので雨の日の安心感は普通の革靴の比ではありません。
梅雨の時期はほぼ毎日シャンボートです。

もはやプライベートで靴に悩むことはないです。

オシャレに対して興味はないけどそれなりに小ぎれいな恰好をしたいという人にシャンボートは非常にお勧めです。

高いですが、メンテナンスして履けば15年は余裕で履けると思います。

今のが壊れたらまたシャンボートを買います。

これで一生大丈夫です。