ワキタヤ

趣味の日記ブログです

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」でダイエットする。2週間プログラム実践記

 

wakitaya.hatenablog.com

 

ツッコみどころは色々ある「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」ですが、モノは試し、やってみれば分かるだろうということで、巻末に記載されている最大7kg痩せるられるという 2週間プログラムを実践してみましたので、結果についての記事です。

 

プログラム実践中の体重と体調の変化について当時の日記から抜粋して、まとめてみました。

 

長々とかいておりますので、ざっと目を通していただく程度で結構です。読んでいただくと、どのように体重と体調が変化していくのかが分かっていただけると思います。

 

ダイエットについて、結果を先に申し上げておきますと、2週間で4.2kgダウンできました。

 

また、後半にプログラムを実践するにあたって購入したモノをリストにしてみましたので、これからやってみようという方は参考にしていただければ幸いです。

実践日記

1日目

バターコーヒーを早速淹れてみる。早速買ったばかりのブレンダー使ってみるが、勝手が分からない。蓋を押さえる力が弱かったのか、コーヒーが蓋を突き上げて吹き出す!朝から台所がめちゃくちゃだよ!

 

しかし、確かにコーヒー1杯だけで空腹感が全然無い。これは確かに凄い!油は空腹感を抑えるものなのか。

 

お弁当に「スモークサーモンとアボカドのなんちゃって寿司」を食べる。アボカドとスモークサーモンが苦手でなければ美味しいだろうと思う。そして私はその2つの食材が苦手である。

 

夕食は巻末レシピの完全無欠スープを作る。

調味料として塩しか入れていないので、食べられなくはないが正直マズイ。我慢して食べる。

体重をはかると76.8kg

 

顔に肉はそんなについてないけど、腹が出てきているというまさに中年太り・・・

明日以降の体重の変化が楽しみだ。

2日目

今日も朝からバターコーヒーを入れる。またしても蓋を押さえる力加減を失敗し、コーヒーが蓋から吹き出す!今日も朝から拭き掃除。

 

コーヒーを淹れて、ブレンダーを洗う作業で20分近くかかる。「これ、普通に軽い朝食作ったほうがいいんじゃないだろうか」と思い出す。

 

体重は76.0kg。0.8kg減。一気に1kg近く体重減だが、デブの痩せ始めはそんなもんだ。

 

今日もお弁当に「アボカドとスモークサーモンのなんちゃって寿司」を作って食べる。

やっぱりマズイ!サーモンの生臭さとアボカドの青臭さが相互補完して、口の中がとにかく臭い。やっぱりどっちも苦手だ。

 

夕食は巻末レシピの茹で野菜と「クリーミーアボカドのドレッシング」を作る。やっぱり塩味しかしない。食べられなくはないがマズイ。完食に苦労する。

3日目

バターコーヒーを入れる。今日も失敗する。かなり蓋を押さえないと液体のプレッシャーのほうが勝るようだ。明日こそは!

 

体重は77.5kg。順調。2週間で7kgなので、1日500g減量していく計算になる。

 

買ったスモークサーモンがまだ余っているので、昼食に今日も「スモークサーモンとアボカドのなんちゃって寿司」を作る。やっぱりマズイ。

 

「生で食べられるものは生で食べるべし」記述があるが、スモークサーモンを焼く。当たり前だが塩鮭の味がする。美味しい!

 

アボカドは巻末レシピの「アップグレード・ワカモーレ」にしてみる。やっぱり酸味と塩味しかしない。

ワカモレにはトマトとたまねぎが必要だ。風味というのは複数の食材が混ざり合ってでるものなのだなと改めて思う。

 

夕食に「さつまいもとジンジャーのスープ」を作る。うん、塩味しかしないね。食えなくはないが美味しくはない

 

巻末のレシピは塩と油しか使わないので、相当良い野菜を使わないと美味しくならないと思う。

体調は若干だるい。疲れやすい感じがする。

4日目

バターコーヒーを淹れる。今日は一発で成功する!MCTオイルを入れすぎたのかお腹が下る。大さじ一杯は多すぎたのか。明日から量の調整をしよう。

体重は74.8kg。順調。ちょっと減りすぎか?

 

昼食に完全無欠ミートボールを作る、オーブンが無いのでフライパンで焼く。レシピ取りに作ると単なる塩味のハンバーグである。

塩しか入っていないので、肉の臭みがダイレクトに鼻に抜ける!適宜ハーブ類を入れれば食べられないくないと思うが、それってもう普通のハンバーグじゃないのか?

 

夕食はインゲン豆と豚肉の炒め物と茹で野菜。醤油ってうまいよ!

本書ではヒスタミンが高いと書かれている大豆発酵食品だが、厚生労働省の調査で普通に食べる分には問題ないとの調査結果が出ている。

 

日本人にとって味噌と醤油は欠かせないので、心情的に厚生労働省の調査を支持することにする。

5日目

寝坊したので今日はバターコーヒーなし。でも昼食までお腹はすかない。体がそろそろ慣れてきたのだろうか。

 

体重は74.6kg。体重の減り幅が落ちてきたが、普通こんなもんでしょう。いままでが順調すぎた。

 

そして、完全無欠食(巻末レシピ)生活に挫折する。

 

だってマズイのだもの。またマズイものを食べなきゃいけないのか、と考え続けるほうがストレスがダイエットしたいという気持ちを上回った。

 

昼食はインド料理店でベジタブルカレー(ナン、ライス抜き)を食べる。涙が出るほどうまい!

 

夕食は鶏肉のバターソテーと一昨日につくった「さつまいもとジンジャーのスープ」をカレーにして食べる。茹で野菜とアボカドを添えて。やっぱりカレーは安定している。

カレー粉と味噌があれば暫くは無人島でもサバイバルできる気がする。

 

ここで一応下記のような自分ルールを設ける。挫折してしまったとはいえ、できる限り2週間プログラムに沿った形で進めたい。

  1. パンは食べない。小麦もできるだけ避ける。
  2. 白米を食べる場合、100g程度昼食に食べる。
  3. カロリーは気にしない
  4. 夕食に野菜を食べる。白米は食べない。
  5. 間食はしない。
  6. アボカドを1日1個食べる

食べ物を厳選した糖質制限ダイエットといった感じで。

6日目

朝はバターコーヒーを淹れる。もう安定して入れられます。

 

体重は75kg。増量してしまう。プログラムから外れた途端に増量する。露骨!

本書ではカロリーは気にしないでよいということが書いてあったけど、カロリー計算はダイエットの一般教養としては、やっぱり重要だなと実感。

 

ただウエスト周りは明らかにサイズダウン。やはり糖質制限するとお腹周りのお肉はすぐ落ちる。デブ用ズボンのウエスト部分があまり始めてきた。

 

昼食は会社近くの野菜料理専門店でランチバイキング。

白ご飯抜きで色々と野菜を食べる。美味しいけど全体的に給食っぽい味付け。リピートはどうかなー。

 

夕食は居酒屋でサラダと焼き鳥の盛り合わせを食べる。酒を頼まない迷惑な客だが、たまには許して頂きたい。

7日目

今日は完全無欠紅茶にする。

著者が最初に目覚めたのもチベットのバター茶だったので、紅茶でもいいでしょう。うん、美味しい。コーヒーと交互にやってみよう。

 

体重は75kg。なかなか減らない。

 

昼ごはんはサイゼリヤでグリルチキン。

 

夕飯はアボカド、レンコン、さつまいもの蒸し野菜にレトルトカレーをかけて食べる。

久しぶりにレトルトカレーを食べたけど美味しくなっている気がする。食品産業もIT産業に負けずに日進月歩だな。

8日目

体重は74.7kg。順調!

 

パンを食べるとどうなるかと考えて朝食にタリーズでホットサンドを食べる。炭水化物は美味しいなとしみじみ実感する。

 

昼食を食べる時間がなかったので、昼食抜きで15時まで仕事する。意外とお腹が空かない。

15時に韓国料理屋でスンドゥブチゲを食べる。食べ始めると猛烈に食欲が湧いてくる。

朝にサンドイッチを食べたからか?やっぱり小麦はできるだけ避けるべきか?

 

夕食は取引先と食事。

飲み物は酒類では糖質が低いハイボールをオーダー。刺し身とサラダを中心に食べるが、接待なのですすめらるがままに色々食べて、飲む・・・・・・

 

明日は少し節制して、有酸素運動を加えなければ。

食べすぎてしまった罪悪感から体力の限界までスクワットする。

9日目

体重は74.7kgで奇跡的に変わらず。結構飲んで食べたのに。

 

朝は完全無欠ミルクティー。本では砂糖に変わる甘味料としてステビアとキシリトールを勧めていたが、スーパーで売っていたラカンカSで代用する。

直接舐めると舌に刺さるような甘さだが、ミルクティーに入れてみると砂糖とそんなに変わらない味わい。うまい!コーヒーよりこっちが好みかも。

 

昨日、糖質を摂りすぎたためか11時頃に空腹感を感じる。気のせいだと考えるようにする。

著者が言うところのラブラドール脳(大脳辺縁系?)が食べ物を欲しがっているだろう。

 

昼食は軽く茹でた人参スティックとセブンイレブンの金のハンバーグ。美味しい。

ここ1週間、野菜ばっかり食べているので生の野菜の美味しさが分かるようなってきた。味覚の初期化が起こっている様な気がする。お昼はこの組み合わせでいいかもしれん。

 

夕食はアスパラの肉巻きとコブサラダ。キューピーのドレッシングが美味しい。このドレッシングのおかげでやっと生でアボカドが食べられる。

 

昨日食べすぎたのでランニング20分とウォーキング40分。運動不足+体が重いので1時間ランニングするつもり途中で断念した結果。情けない。

10日目

体重は74.2kg。食べる量を減らして有酸素運動するとたしかに体重が減るという事実。
結果がダイレクトに出過ぎて胡散臭さを感じる。しかし、この調子で頑張っていこう。

 

朝は久しぶりに完全無欠コーヒーを入れる。コーヒーは会社でガブガブ飲んでいるので、家で淹れる分には紅茶のほうがいい。

お昼に空腹感を感じなかったので、昼食も抜いてみる。

 

16:00頃に空腹感を襲われたので、プロテインを飲む。

お腹が空いたらプロテインを飲む。プロテインは太るというイメージがあるようだが、小腹を満たすために何かをつまむより、プロテインを飲んだほうが空腹感はおさえられる。

 

夕食はサラダミックスとアボカドでコブサラダを作る。チキンソテーを添えて贅沢なサラダに。

キューピーのCMでよくお肉入りの贅沢なサラダを作っているのを見て、「肉焼いたらそれで一品になるやんけ!」と思っていたが、これはこれでいいものだ。

 

野菜も今高いので、ホントに贅沢な食べ物だ。

11日目

体重は73.9kg。うん、順調。

朝は完全無欠コーヒーを飲む。断続的ファスティングってほんとに効果があるのかと思い始める。

 

昼食にナスと豚肉の炒め物と中華風卵スープを作る。ウェイパーを溶かすだけで中華スープになるのってすごいよな。

 

夕飯は具だくさんの豚汁(さつまいも入り)とホウレン草入りのス卵焼きを作る。昼も夜も同じ食材!

巻末レシピのスープ系は全部味噌汁にすれば食べられるかもしれない。味噌仕立てにすればなんでも食べられる。

12日目

体重は74.1kg。微増。さつまいもを食べすぎたのだろうか。

 

今日は完全無欠紅茶を淹れる。やはり紅茶のほうが好みかもしれない。

 

昼食は定食屋で焼き魚定食を食べる。

普段は何も考えずに唐揚げ定食などをこってり系のチョイスするが、カロリー低めの魚系の定食を選ぶ。しみじみ旨い。糖質制限をするといかに食べ物を雑に食べていたのがわかる。

 

夕食はサラダミックスとアボカドでコブサラダ。お手軽で美味しい。

13日目

体重は73.8kg。節制のおかげか順調に減っている。

 

朝食は時間があったので、完全無欠コーヒーとスクランブルエッグを作る。

断続的ファスティングのダイエット効果については、もう、ほとんど信じていないので固形物を食べる。ただ、朝食を抜いている時の方が午前中の集中力は高い気がする。

 

感覚的なモノなので、定量的にパフォーマンスが上がっているかどうか分からないが、気分はよい。

 

昼食は空腹感を感じなかったので、ローソンのグリーンスムージーで済ます。糖質の塊みたいなもんだが、たまにはいいじゃないか。

 

夕食は居酒屋でサラダと焼き魚を頼む。居酒屋で酒を頼まない罪悪感から焼酎を頼んでしまう。もったいないけど、一口飲んであとは口をつけずに残す。まあ、場所代だな。

 

居酒屋で酒を頼まない思い切りがある人にとっては糖質制限ダイエットに居酒屋は便利。個人経営の居酒屋では露骨に嫌な顔をされるので、チェーンの居酒屋でやるのが無難。

14日目

体重は73.4kg。昨日はかなり節制したおかげか順調に減っている。

 

ブレンダーを毎回洗うのがめんどくさいので、普通にミルクティーを淹れる。代わりと言ってはなんだけど、卵ににMCTオイルを投入し、ブレンフェッドバターでスクランブルエッグを作ってみる。さしずめ完全無欠スクランブルエッグというところだろうか。

 

著者が言う断続的ファスティングに反するが、断続的ファスティングのダイエット効果はないと考えていいと思っている。

卵はたんばく質なので、糖質制限食的にはOK。高脂肪、高タンパク質、低炭水化物を心がけよう。

 

昼食は会社近くの韓国料理屋でスンドゥブチゲを食べる。

鍋物は野菜と肉、魚が一緒に取れるので、ダイエットには最適。自分で作っても、外食で食べても高いのがネックだけど。

 

夕食は今日も居酒屋でサラダと焼き魚を頼む。

15日目

体重は72.8kg

いっきに600g減っているけど、胃腸の内容物や水分がたまたま普段より少ないからだろう。

 

2週間で4kgを減量。まあ、1週間で2kg痩せれれば上等でしょう。途中から厳密な巻末2週間プログラムを実践してきたわけではないし。

 

最終日は一応、プログラムに従って、好きなものを好きなだけ食べて体調の変化を確かめることにする。

 

昼食に天下一品でラーメンと半チャーハン。塩辛くて脂っこくてうまい!

外食ってかなり味が濃いんだなと感じる。一口目から美味しいと感じさせるには、味は濃くしないといけないんだろう。

 

夕食はピザ(Lサイズ!)に赤ワインを飲む。チーズって美味しいよ!油っこいなと思う反面、油はやっぱりうまいものなのだと改めて思う。

美味しいモノは体に悪いものだというのもあながち間違いではないと思う。

 

油と濃い味を求めていたので、Lサイズピザを食い切れると思っていたけど、半分くらいでお腹が一杯になる。ちょっとはしゃぎすぎたなと反省する。

16日目

体重は73.8kg。昨日食べたものが胃腸に詰まっているのだろう。

 

体調は体が重くて、起き抜けの気分は優れない。ただ「ああ、やっぱり本書の内容は正しかったのだ!」と思うには純真さを無くしてしまっている自分がいる。

 

この状態が本書で食べないことを推奨されている食べものを食べてしまったからなのか、単純に食べ過ぎで胃がもたれていて体調が悪いのかは何とも言えない。気分の問題なので。

劇的に気分が悪いという状態になれば、話は別だけど。

まとめ

2週間程度では効果のほどはわからない

5日で正式な巻末プログラムから脱落している私がいうのも何ですが、正直、体調が劇的に変わったかと言われれば、「よくなった気がする」程度の感想しか言えないです。

 

本書の内容が誇大表現であった部分と、私の期待が大きすぎたということもあるでしょうが、期待していたほどの爽快感は得られませんでした。

 

実際の体の変化を確かめるには、なんらかの手段で定量的に測定する必要があるでしょう。それこそ本書の著者のように毎日脳波測定、脈拍測定、血液検査等をしてデータをとり続けなければなんとも言えないです。

 

ただ、朝食を完全無欠コーヒーのみすると、確かに午前中の集中力は上がった実感がありました。

 

食事は喜びではありますが、モノを食べて消化するという行為は、本来、人体に負担をかける行いなのでしょうね。

ダイエット効果について

本書で推奨される食べ物はかなり糖質制限食に近いので、効果はあると思います。

 

私は最終的に4.2kg減で留まりましたが、巻末の2週間プログラムをキッチリやれば、2週間で7kg近くは痩せられる可能性はあるとは思います。あのゲロマズ料理に耐えられるのであれば!

 

正直、あのレシピの料理を食べるのであれば、食事を抜いた方がいいと思うレベルです。料理が得意な人は自分でアレンジしたほうがよいでしょう。

 

まあ、1週間で1kg痩せられれば上等でしょうし、それでも体にはかなりの負担がかかっているはずです。体調を考えて無理をしないのが一番です。 

ダイエットに近道はないなあという話

ダイエットの手法はいろいろとありますが、習慣として

  •  毎日体重計に乗る
  •  姿見で自分の裸をチェックする

この2つの習慣をつけることがやっぱり第一だと思います。

 

食べすぎた次の日なんかは体重計に乗ることが恐怖でしかないですが、そこはぐっと覚悟を決めて体重を測る。

そうしないと現状確認が出来ませんし、節制の意識が芽生えません。

 

本書を読んでよかったのは、カロリー計算をして食事をしていても感じる空腹感は体が必要としているわけではなく、ただ単に脳が空腹感のシグナルを誤発信しているということに確信を持てたこと。

 

また、どんなに空腹感を感じないように食べる仕組みを作っても、体型維持には若干の意志力は必要ですね。

(そもそも体型維持をする必要があるのかということは別問題として)

購入した物まとめ

最後に実践するにあたり購入した物をリストにしてみました。これから2週間プログラムをやってみようという人に参考にしてもらえればと思います。 

 

ニュージーランド産 グラスフェッドバター 

ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍
 

とにかく巻末の料理レシピにはブレンフェッドバターがないと始まらないため、購入。初めて食べたけど、美味しいです。

 

バターをつかった料理はしつこいイメージがありましたが、こちらのバターはスッキリした味わいでバターのイメージが変わりました。

 

 ボダム フレンチプレスコーヒーメーカー

 毎朝の完全無欠コーヒー用に購入。

 

安くはないけど、代わりがない。

あと、どうせ買うならいいのが欲しいということで購入。

 

フレンチプレスのコーヒーは初めて飲んだけど、ドリップで淹れるのとは全然違う!豆のうまみがダイレクトに来るというか。

ただ、洗うのがひたすら面倒くさい。毎回きっちり粉を落としきるのが面倒。

 

 小川珈琲 スペシャリティコーヒー009

小川珈琲 スペシャルティコーヒー009 粉 170g

小川珈琲 スペシャルティコーヒー009 粉 170g

 

 毎朝の完全無欠コーヒー用に購入その2。

 

スペシャリティーコーヒーを買うのが初めてで比較対象がないのですが、いいお値段するだけあってうまいです。

シアトル系のコーヒーショップでコーヒーを買うなら、自分で淹れた方がいいなあと思い始めてます。

 

 仙台勝山館 MCTオイル

毎朝の完全無欠コーヒー用に購入その3。

 

完全に無味。

コーヒーの他にもドレッシングに添加するといいかもしれません。入れすぎはお腹を壊すので注意。

 

コンパクトガラスブレンダー( idea Label BY BRUNO)

Idea Label BY BRUNO コンパクトガラスブレンダー RD IOE006-RD IOE006-RD

Idea Label BY BRUNO コンパクトガラスブレンダー RD IOE006-RD IOE006-RD

 

毎朝の完全無欠コーヒー用に購入その4。見た目がかわいいので購入。

 

しかし、初心者には扱いが難しかった。何回、台所がめちゃくちゃになったこと・・・。フタはがっちり押さえないと中身が飛び散ります(常識?)。

正直、コーヒーを泡立てるだけなら電動クリーマーで十分でした。

 

HARIO (ハリオ) ミルク 泡立て器 クリーマーゼット CZ-1

HARIO (ハリオ) ミルク 泡立て器 クリーマーゼット CZ-1

 

  

ゴールデンホエイ プロテイン

GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ)プレーン 1KG

GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ)プレーン 1KG

 

甘味料にステビアを使用しているプロテイン。以外と選択肢がない。

 

人工甘味料の代表格であるアスパルテームですが、あの米軍も検証して大丈夫だという結論を出しているので、個人的には問題ないものだとは思っています。

一応、本書の内容に従うためにステビア入りのプロテインを購入しました。

味はいたって普通。 

 ブライトマザー クリーミーハニー

ブライトザマー クリーミーハニー 菜の花 92% 500g

ブライトザマー クリーミーハニー 菜の花 92% 500g

 

たぶん一番安い非加熱はちみつ。優しい味わい。

 

寝る前にスプーン一杯ほど直接食べることを推奨されているが、全然余裕で食べられるくらい美味しい。もちろんヨーグルトに入れても美味しい。

 

コーヒーに入れても美味しいです。ティースプーンで一杯程度入れるとコーヒーのコクが増します。砂糖を入れたときと同じくらい甘くするには、カレーライス用のスプーン一杯入れる必要があります。

ただ非加熱で食べないと成分の恩恵に預かれないらしいので注意。