ワキタヤBLOG

日々コンプレックスと戦っています

ブログを書くことのメリットを書き連ねてみる。文章に苦手意識がある人にこそおすすめです。

f:id:wakitaya:20171009104539j:plain

なんだかんだで当ブログも記事数が50記事を超えました。

主に書きたいことを書いているだけなので、アクセス数は全く増えませんが、文章を書くのは楽しいですね。

吹けば飛ぶようなアクセス数の弱小ブログですが、ブログを書くことのメリットについて書いてみました。 

文章を書くことのハードルが下がる

日常的にブログを書いていると文章を書くことのハードルが下がります。
文章が苦手意識がある人ほどブログを書いたほうがいいです。

今やサラリーマンの仕事=文書作成に近いですからね。
職人などの技能職でなければ、ほとんどの社会人は毎日何らかの文章を書いていると思います。
メールのやり取りが最たるものでしょう。

当ブログでは朝礼ネタを扱った記事が一番評判がいいのですが、スピーチを作るのも文章を書くのも作業は一緒です。
話すか書くかの違いです。

 

wakitaya.hatenablog.com

 

「書くぞ」と心をセッティングをした時に瞬時に書きだせるようになるのは気持ちいいものですよ。 

日常の細かいところに意識が行くようになる

何気なく過ごしている日常ですが、スルーしているだけで面白いことや新しいことって結構身の回りに溢れいています。

モンティ・パイソンのコントでもそんなコントがありましたね。

毎日のルーティンができることは、ストレスフリーという意味ではいいことですが、新しい感動がないのも寂しいですよね。

月次ですが、ブログを続けていると「あ、これブログに書けるな」というネタが日常に結構あります。
商品のレビュー記事なんかも自分で書いてみると難しいです。

やってみてはじめてわかることですね。

書いているうちに文章もそれなりにこなれてきますので、そういった成長も楽しいですね。

何か新しいことを初めたいと思っている人は手軽に始められるブログはいかがでしょうか。 

あとで読み返して楽しい

素人がブログを書くことの最大の喜びはこれだと思います。

ブログはあの時あんなことを考えてたなーと思い返すフックになります。

日記でもいいのですが、内省的文章ばかりを書いていても飽きがきますので、私にはブログが向いているようです。

自分が後で読み返して楽しいというのがまず第一ですが、単なる独りよがりの内容を書いても他人から見てなんの益もありません。

どうせネット上に公開するわけですから、少しは自分の文章が人の役に立って欲しいですよね。

そうなると色々裏を取るために調べたりする作業が増えるわけです。
情報は正しいにことしたことはないです。

そうやって書き上げた記事は愛おしさもひとしおです。

空いた時間に無意味に読み返していたりします。

何事も達成感を重ねていくのは大事です。

仕事の先送りが少なくなる

私の場合ですが、文章を書くことのハードルが低くなったので、結果的に嫌な仕事の先送りが少なくなりました。

大事な仕事だけど、今すぐやらなければいけないわけでもないし、どうにもやる気がでないということは往々にしてあると思います。

ブログの記事作成はいわば資料作成です。

日常的にブログを書いていると、発想→調査→文書作成のサイクルを短期間で繰り返すことになります。

そうすると自然と仕事の資料作成の方も手が早くなります。

最近、資料作成にしても、企画書作成にしても「とりえあえず取っ掛かりでざっくり書いてみるか」とスキマ時間を使うというできるビジネスマンの時間の使い方ができるようになりました。

あっ、営業成績は別にそうでもないですよ。

"できる風”ビジネスマンですね。しょっぺえ! 

ブログ、おすすめです

家に帰ってダラダラとテレビを見たり、スマホをいじったりするのも大変花結構ですが、ブログを書くのもいいもんですよ。

文章を書くことは疲れますが、積み重なる記事数のカウントはちょっとした達成感です。

少しの時間投資で自己肯定感を得られるので、おすすめですよ。