読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワキタヤBLOG

おすすめしたい製品や役立つ情報をお届けします。

クラフトボスを好んで飲む日々

 

 

ここ数週間クラフトボスを好んで飲んでいる。何なら1日2本買う日もあるくらい。

出勤時にコンビニで買って半日くらいかけてちびちびと飲んでいくのにちょうど良い。ボトル缶のコーヒーでも400ml入りのヤツがあるけれど、総じて味が濃い。確かに350mlで飲む分にはちょうどいい濃さだけれど、500ml飲むとカフェインで酔っ払ったような状態になってしまう。

対してクラフトボスはスッキリした味わいでちょうど良い。仕事のお供にちびちび飲む飲んでいくのにちょうどいいバランス。お茶でも水でも炭酸でもない、コンビニの100円コーヒーもちょっと気分じゃないなという私特有のニーズ(狭い)に応えてくれる素敵な商品だ。

誤解を招く表現かもしれないが、クラフトボスは水とコーヒーの中間のような飲み物である。

決して水で薄めた薄味のコーヒーという訳ではない。クリアな味わいというのか、後味が水を飲んだような後のようにスッキリ爽やかなのだ。コーヒーとしてはどうかとは思うが、余韻が薄いとも言える。

ウィスキーでいうとカナディアンクラブのような感じだ。ウィンスキーとしてどうなのかというくらい、癖がなくて飲みやすい。

クラフトボスはコーヒーが苦手な人でも飲めると思う。

 

クラフトボスが販売される前は400ml近く容量がある大きめのチルドコーヒーをよく買っていた。オハヨーなど乳業メーカーがよく出していたあれだ。マウントレーニアでもいいけど、出勤時に買って、午前中にちびちび飲むにはちょっと量が少ない。

最近はどこのコンビニもPBのマウントレーニアサイズのチルドコーヒーしか置いていないので、困っていたのだ。マウントレーニア甘いし、味に飽きる。

クラフトボスは味のついている水の感覚で飲めるが、しっかりコーヒーなので、満足感が高い。

あと、ペットボトル入りで持ち運びに便利なのもよい。ボトル缶はフタの締め込みが甘いと鞄の中がダバダバになっていことがあるから・・・・・・

 

クラフトボス、夏限定販売っぽいけど冬も売ってくれないかなー。冬でもアイスコーヒーを好んで飲む層がいるんですよ!