読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワキタヤBLOG

おすすめしたい製品や役立つ情報をお届けします。

ブルゾンちえみを見ていると何かゾワゾワする

芸能界に彗星のように現れ、彗星のように消えつつあるブルゾンちえみ嬢。

彼女をTVで見る度に何か体がゾワゾワする。

 

ネタ自体は嫌いではない。

言ってしまえば不細工な女の子(失礼!)が決め顔で振り返るだけなのだが、リズムと間の取り方で笑うまではいかないが、おかしみは感じる。

化粧も含めて顔が面白いという、にらっめっこレベルのおかしさである。サンシャイン池崎と同類だ。

 

サンシャイン池崎は牧歌的な感じがするが(心に闇を持っていそうだが)、ブルゾンちえみからは非常にマーケティング的な臭いがする。

売れている女芸人の要素を集めたキメラのような印象すらある。

会議室で事務所のスタッフが練り上げたキメラだ。

当てにいって、実際当たったのがからすごいとは思う。事務所に時代を読むセンスがあるすごい奴がいるんだろう。

 

マーケティング臭がするから気に入らないということもあるけれど、このゾワゾワ感はそれだけでは説明がつかない。

ゾワゾワ感でいうと、中山秀行を見ている感覚に近いが、彼の場合は何故ゾワゾワするのか自分の中ではハッキリしている。
ヒデちゃんは笑いを取りに行く時、何も面白いことをいっていないのに、「ね、俺って面白いでしょ?」と何か面白いことを言った雰囲気を出す。

その空気に飲まれてつい笑ってしまう人がいる。

限りなく愛想笑いに近い笑いだが、ヒデちゃん本人はお愛想だとは考えていなさそうに見える。

その道化ぶりを見ていると体が震えるのだ。

ある意味才能なんだろうけど、もう見ていられないのだ。

 

ブルゾンちえみにも何か似たようなモノを感じているのだろう。

それがなんなのかが分からないからモヤモヤしている。

ただ、ネタ自体は嫌いじゃないんだよなー。