読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワキタヤBLOG

おすすめしたい製品や役立つ情報をお届けします。

ドナルド・トランプ大統領の残るは余韻に浸るだけの人生

Donald Trump - The DON

第45代アメリカ合衆国大統領はドナルド・トランプ氏に決定しそうです。

まだ選挙人投票というのがあるらしいですが、ほぼ決定でしょう。

以前アメコミ関係の記事でも今回の大統領選に触れたことがありましたが、本当にトランプ氏が勝ってしまうなんてことは殆どの人が予想しなかったのではないでしょうか 。

 

wakitaya.hatenablog.com

 

しかし、イギリスの EU 離脱に始まり、フィリピンのドゥテルテ大統領の当選など、グローバリズムを否定する動きは各地で起こっていたため、遅かれ早かれトランプ氏のような主張をする人がアメリカの大統領につく未来は確定的であったと思います。

日本はまだ単一民族国家であるという幻想が働いているので、外国人がもっと増えて日本人の労働を奪い始めた時、似たようなアンチグローバリズムを掲げる人間が首相の椅子に座ることになるんじゃないでしょうか。

このままいくと外国人よりロボットに先に職を奪われそうですけどね・・・・・・

トランプ氏ですが、早速、公約に掲げていたことの一部を翻していると批判の声が上がっているようです。選挙期間中に色々と放言してきた氏も、流石にできることとできないことの線引はちゃんとわかっていたんじゃないでしょうか。

4回破産しながら億万長者に返り咲いた人なんですから、ワシントン的な政治感覚はないかもしれないけれど、馬鹿ではないでしょう。実際、政治家っぽくないあたりが受けたんでしょうし。

この人はおそらく「戦って勝つこと」が好きなんでしょう。アメリカ男性のマッチョイズムの権化のような存在と言えます。

だからアメリカ大統領選というビッグディールに勝つことが目的なのであって(そのために使える手はなんでも使う)実際の政治運営に関してはそんなに興味がないんでしょう。

ヒラリー氏も自分の政治理念を実現したいという思いはトランプ氏よりはあるでしょうが、「史上初の女性大統領になりたい」という隠しているつもりの功名心がダダ漏れで、それが有権者に敏感に悟られてしまって、嫌われしまったところがあるんじゃないでしょうか。

行ったこともないアメリカ、映画やドラマでしか見たことのないアメリカですが、実際に住んでいる人の切実な「自分の生活をなんとしてほしい」という願いが今回の大統領選の結果に繋がったんじゃないでしょうか。

「トランプがバカのことを言っていることは十分わかっているけど、俺の生活はこのままだと良くならないんだ!」という切実な叫び声が聞こえてきそうです。

アメリカがこうなんだから今後全世界的にアンチグローバリズムの指導者が誕生していきますね。。歴史的必然てやつです。

今頃、トランプ氏は「大統領になったからにはアメリカ市場最も偉大な大統領になる!」という野望に燃えているかもしれませんが、政策的なところは出来る人にまかせて、トランプタワーで文字通り「高みの見物」をして過ごすのが一番幸せなんじゃないでしょうか。

引退してもアメリカの大統領は「ミスター・プレジデント」と呼ばれるそうです。

アメリカ大統領戦という、恐らく現代で最も困難な勝負を勝ち抜いた男として「俺は勝った!!」という勝利の余韻に浸る人生が、政治にさして興味のなさそうなトランプ大統領にとって最良の選択肢のように思えます。

負けっぱなしに人生のなので、「勝利の余韻に浸る人生」というのが、正直うらやましいです。

でも、負けるが勝ちってことばもありますしね!(強がり)