読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワキタヤBLOG

おすすめしたい製品や役立つ情報をお届けします。

子供は気持ちいいから泣きつづけている

Baby C

タイトル通り。 

2歳時以降の言葉による伝達を覚え始めた子供は基本的に気持ちいいからないているはず。 

電車で泣いている子供を観察すると涙を流して泣いてる子供はほとんどいない。

排泄然り、射精然り、歌うこと、声を出すこともそう、何かを外にだすことは気持ちいいのだ。

クライベイビーサクラもそう言っている。 

こうやって文章を書いているのも外に出すこと(アウトプット)の一貫か。

泣きやまない子供対策(お父さん、お母さん編)

なかなか泣きやまない子供は泣くことが自己目的化しているので、泣きやまそうとしてもちょっとやそっとじゃ難しいわけです。 

泣かせるままにしておくのが一番無難でしょう。

周りの人間に対しては「泣きやまそうとしているというポーズ」さえとっていれば十分です。

泣きやまないんだからしかたない。泣きやむまで待ちましょう。

完全に無視していると現代人は常にイライラしているので、いらん悪意を呼び寄せます。

努力している風でいいのです。 

泣きやまない子供対策(周りの人間編)

周りの人間は泣きやまない子供に出会ったら諦めましょう。

仕方ないって。どうにもならんもの。

電車なら車両を移動しましょう。私はそうしてます。

その場にいなければならないなら我慢するしか無いです。

コミュ力がある人は必死で泣きやまそうとしている(ポーズをとっている)お父さん、お母さんにねぎらいの声をかけてあげるといいかも(私は絶対ムリだけど)

周りはイライラしているけど、私は味方ですよと表明してあげるのです。

何事も見方がいると心強いですよね。しんどい時はちょっとした優しさがやはり嬉しいもんです。 

世の中どうにもならないことの方が圧倒的に多いので、諦めが肝心です。

人を変えるということがその中の最たるものでしょう。

どうにか毎日心穏やかに過ごしたいもんですねー  。

やっぱりひきもこもりがナンバーワン!