読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワキタヤBLOG

おすすめしたい製品や役立つ情報をお届けします。

格闘ゲームとコンプレックスと私と

死ぬまでに克服したいというコンプレックスはおありでしょうか。

20代半ばの頃、人間50年だとすれば半分以上生きたなということで、死ぬまでに克服できそうで克服出来ていないことを考えて見たことがあります。

結果、以下の3つなら気合い入れれば克服できるんじゃないないかと。

1.格闘ゲームが下手
2.ボウリングが下手
3.絵が下手

よし、克服するぞ!と気合いをいれてから早数年。

何のアクションも起こしていなかったのですが、最近ゲームづいているので、「ちょっと格闘ゲームをやってみるか」と考えたわけです。

タイトルは王道のストリートファイターシリーズの最新作「ストリートファイター5」を選択。

Amazonレビューを見るとネット対戦のマッチングがクソ、ストーリーモードのおまけ感がすごいとの記述が目立つ。
対戦の前に昇竜拳コマンドをまともに入力できることが先決なので、特に気にせずに購入。

買ってから一通り全キャラクターでストーリーモードをこなす。
こなすという表現がぴったりの内用。

確かに対戦がメインのゲームだけど、こんなに中身がスカスカなのであれば、なくてもいいんじゃない?対戦専用ということで。

あとコマンド入力の判定がかなり甘くなっているとの話し通り、デュアルショック4で楽々と昇竜拳が出せます。
小学生の自分にプレイさせてやりたい!

 

結果ストーリーモードを一通りこなしたことで、それなりに満足。所用時間は2時間弱。

格闘ゲームに対するコンプレックスはどうやら昇竜拳コマンドがまともに出せないことだった模様。

あとは年をとったこともあって、正直「この年で別にゲームがうまくてもな」と気持ちが冷めていることもある。

ゲームとしては、システムはほぼ完成されていて、読み会いの駆け引きがあり、eスポーツとして大きな大会が開かれるくらい、本気で打ち込むに足りるゲームだとは思う。

でも、もう昇竜拳出せるし、いいかなー。

なんか漠然と苦手だなーと思っていた格闘ゲームですが、改めてやってみると何でそんなに苦手意識をもっていたのか、拍子抜けなっほどどうでもいい単なるゲームの一ジャンルだった。

子供の頃抱いた屈辱感というのはその後の人生に影響を与えるなーと思った今日このごろ。

12歳くらいまでに自分が大事にしていたものは、許せなかったものというのをもう少し掘り下げてみると、人生が豊かになるかも。

30すぎると自分と向き合う時間が長くなりますね。

 

ストリートファイターV - PS4

ストリートファイターV - PS4

 

 

スマホRPG「HIT」をプレイ中。触り心地良し!

mobile.nexon.co.jp

窪田正孝さん出演で「もうスマホゲーってレベルじゃねぇ!」というフレーズのCMでおなじみのスマホRPG 「HIT~HeroesofIncredibleTales~」をプレイしてます。

 

なにげスマホでプレイする初めてのRPGです。

挑発的なフレーズのCMにまんまとつられてダウンロードしてしまいました。

普通に面白いです。このゲーム。

王道ヒロイックRPGが好きな人は大体楽しめると思います。

 

グラフィックはUnreal Engine 4を採用してるため、当然のように綺麗でぬるぬる動きます。もうスマホでこれくらいのグラフィック表現ができるのかと素直に感心。

2017年3月に発売されるNintendo switchも実質タブレットPCですから、携帯ゲーム機はそのうち駆逐されるんでしょうね。

主に子供向けに3DSの後継機は開発中のようですが。

任天堂、3DS後継機を検討中 | インサイド

 

ダウンロード画面も軽いチュートリアルになっていて、時代の進化を感じます。

 

グラフィックが据え置きゲーム機並みになったためか、ゲーム本体のダウンロード時間も据え置きゲーム機並みでメチャメチャ遅いです。今から初めてみようと思う方はWifiにつながる環境でダウンロードを開始することをオススメします。

 

画面上のヴァーチャルなゲームパッド上で操作するのですが、操作感は良好でヴァーチャルゲームパッドで操作しているということを忘れるくらい普通に操作できます。

3種類あるスキルと攻撃ボタンを組み合わせることで簡単に爽快なコンボが出せます。スマホの小さな画面で操作させることを前提としているシンプルな操作体系で触っていて気持ちいいです。

また敵の攻撃に合わせて防御ボタンを押すとカウンターが出せるなど、よくあるARPG要素をスマホ画面上で再現してあるのですが、タッチパネルでの操作のチューニングが素晴らしいです。

 

ゲームとしてのシステム面では

  • デイリーミッション、ウィークリーミッションなど各ミッションをこなすことでゲーム内通貨を手に入れることができる
  • ガチャを回して装備品召喚→キャラクターのグラフィックが変化
  • だぶった装備品は強化用素材として使用

など今時のスマホゲーム特徴と大体同じです。

スマホゲームに慣れ親しんでいる方は特に問題なくゲームを楽しむこことができるはず。

 

とにかく触り心地がよい、ガチャ課金しなくても楽しい、据え置きゲーム機並みの美しいグラフィックでちょっとした時間に遊ぶのにも良いですし、腰を据えてじっくりと遊ぶのいも向いてるお手軽なアクションRPGです。

 

これを基本無料で出されたら、任天堂やソニーには悪いけどゲーム機の価格は高いと思うようになるのは無理のないことだとは思います。

中高生がずっとスマホをいじっている理由が分かった気がします。

 

とにかくスマホを触っていて気持ちいいゲームです。

 

▼android版のダウンロードはこちら

仕事を辞めたくなった時に考えて欲しいこと

change

 

長く会社に勤めていると会社を辞めたくなることの1回や2回はあると思います。

「もうやってられるか!」と思うこともあるでしょう。そこでグッと留まるもよしですし、転職を考えるのもありです。

しかし、経験上辞めたい時が辞め時ですよ。本当。

 

転職すること自体にそれほどのリスクはない

私自身は2回、転職経験があります。

多くのサラリーマンのご多分に漏れず、30才を目前に「このままこの会社にいていいものか」と悩みました。ちょうど転勤の話が出たことをきっかけに新卒で就職した会社を辞め、同業の商社へ転職しました。

2回目の転職は新卒で就職した会社に戻ってきました!いわゆる出戻りです。

 

転職は逃げだという風潮がありますが、逃げても別にいいじゃないですか。

と言うより逃げでない転職なんてないですよ。転職する人は現在の会社に何か不満や嫌なことを感じているから転職するわけです。

走ってる電車をみて「これに飛び込んだら楽になれるかも」と思ったら、迷わず辞めるべきでしょう。

自殺って思いつめて覚悟を決めてやるっていうケースより、衝動的にやってしまうケースが多いと聞きます。

 

辞めても何とかなるもんですよ。

給料は下がるケースは多いですが、自殺したり、心を病んだりするより絶対いいです。独身者であればなおさら何とでもなります。

とりあえずやめてから考えるという無謀を犯した私でも何とかなりました。

 

辞め方は大事。辞めてからの関係は良好に。

2回目の転職先は新卒入社した会社への出戻りの私ですが、そういう人は結構多いです。

勢いで転職したけど思っていたのと違った→やっぱり前の会社のほうがイイというパターンです。

日本の会社では基本的に辞める人間は裏切り者扱いをされますので、出戻りの人間への視線は当然冷ややかです。待遇が落ちることも覚悟しなければなりません。

ただ、全く新しい会社に馴染むことと比べると全然楽です。

私の場合は昔の上司が出世するタイミングで気心知れたそれなりに仕事を覚えている人間が欲しいとの要望が合致して「戻ってこない?」というお声がかかったので、出戻りになることを選びました。

おそらく私のような出戻りのパターンはめったにないとは思いますが、繁忙期を避ける、きっちり引き継ぎ資料を作るなど円満退社したほうがいいです。

特に同業他社に転職したりすると昔の会社の伝手を求められることがあります。

「喧嘩別れで辞めてきたので協力者はいません!」 とはなかなか言えないですよね?

 

会社を辞める前にもできること 

辞めたい時が辞めるタイミングだとは言いましたが、なんで自分が辞めたいのかを考えてみることは大事です。

いわゆるブラック企業の条件が当てはまる会社であれば、さっさと脱出すべきですが、そうでない場合は自分が何に対して気に入らいないのか考えてみるといいでしょう。

うまく行けば辞めなくて済むかもしれません。

会社は在籍年数が長くなれば長くなるほど、居心地が良くなるものです。不満点が明確に解決できるならばそれに越したことはないです。

上司が嫌な場合はダメ元で配置転換を希望するのも有りです。転職が前提ならダメなら辞めるだけですのでノーリスクです。

仕事量が多すぎるのもダメ元で抗議してみましょう。

案外主張すると通ったりするもんですよ。

上から煙たがられる可能性もありますが、この21世紀にそんな会社は潰れてしまうでしょう。そういう時はさっさと逃げ出しましょ。

 

何か一つ成功体験をすると劇的に意識が変わる。かも?

さっきまでと逆のことを言いますが、辞めようと決めたらもう一踏ん張りしてみましょう。何かをやり遂げることで立場だったり、意識のセッティングが変わる可能性はあります。

他人は絶対に変わりませんし、変えられません。

辛い環境を何とかしようとした時、自分が変わるかその環境から離れるしかありません。

もう一度言います。他人を変えることは不可能です。

ずっと同じ会社に居続けることもリスクですが、やっぱり同じ会社に居続けると居心地は良くなりますからね。守れる立場は守った方がいいこともあります。

ただ、最初の感じた違和感や直感というのは正しいことが多いのでその感覚は大事にしたほうが良いです。

辞めるときは最初に感じた「何か嫌だな」を引きずって辞めることになりますから。

 

転職エージェント活用のススメ

いざ、会社を辞めようと思った時に皆さん誰に相談するでしょうか。

多くは「友達や仲の良い同僚」「両親や兄弟」の2通りが多いんじゃないでしょうか。

他の相談事ではいいかもしれませんが、こと転職に関しては上記の二つは相談役としては不適切です。

「辞めるな」「もう少し頑張ってみたら」というアドバイスしかないはずです。あなたがどんなに真剣に悩んでいてもです。

3年以上のキャリアがある人は是非転職エージェントを活用してください。

「会社辞めようかな」と考えている人は精神的に追い詰められている、ストレスをかなり感じている状態の人が多いと思います。

転職エージェントは転職に関してはプロですので、こちらが感じている不安や恐怖をよく分かっています。

すごく聞き上手なので、周りに相談できる人間がいない人はカウンセリング代わりに気軽に登録して、話を聞いてもらって下さい。

一気に気が楽になりますよ。

 

使ってみた転職エージェントの紹介

最後に使ってみたオススメの転職エージェントについて紹介していきたいと思います。

特に好みがない人はまずは下記の3社に登録してみてはどうでしょうか。

人の相性は必ずあるので、複数のエージェントの登録は必須です。

他のエージェントも含めて同時に何社に登録しても大丈夫だとは思いますが、1社あたりかなりの求人紹介がありますので、3社程度の登録に留めないと全然捌けなくなるとは思います。

 

リクリートエージェント

まずは業界最大手のリクルートエージェントは抑えておくべきでしょう。

担当者の対応は上場企業らしく非常にスマートで好感度が高かったです。登録している企業も一流企業ばかりですので、転職活動を初めるならまず登録しておきましょう。

【リクルートエージェント】について詳しく

 

ワークポート

個性的な会社の求人が多い転職エージェントです。

未経験者歓迎の求人が多いので、今の環境を変えたい、異業種にチャレンジしたいという人にオススメのエージェントです。

担当者の対応も他のエージェントと比較してフレンドリーな感じです。

【ワークポート】について詳しく

 

DODA(デューダ)

リクルートエージェント、ワークポートの控えとして私はDODAに登録しました。綾野剛さんのCMでおなじみですね。

こちらも大手転職エージェントらしく大企業の求人が中心です。

担当者の対応は一番丁寧だった記憶があります。同じ業界でも会社のカラーはありますね。

【DODA(デューダ)】について詳しく

 

個人的な感想ですが、求職数ならリクルートエージェント、フレンドリーさはワークポート、丁寧な応対のDODAといった印象です。

それぞれ求めるモノに応じて転職エージェントも使い分けるのが良いと思いますよ。

 

最後に

よく言われることですが、転職活動を始めたからといって、必ず転職しなければならないわけではないです。

転職を視野に入れると今の勤め先のいい所に気づけたりもします。転職活動の末に今の会社を選ぶという選択も全然ありです。

漠然と何か今の会社に不安、不満を感じているなら転職活動に一歩踏み出してください。

辞めるにしても留まるにしても今より絶対にスッキリしますから。

2017年にプレイしたいゲームを列挙する

時間はいくらもあっても足りない。

ということで2017年にプレイしたいゲームをあらかじめ決めていこうと思う。

メモ代わりに書いていきたい。

蒼き革命のヴァルキュリア

 

発売日にダウンロード購入。

戦場のヴァルキュリアシリーズのファンなので、お布施代わりの購入。

デモ版の時点で分かっていたことだが、戦闘の作業感がすごい。後半になるにつれて難易度が上がってくようだが、今のところやらされている感じがすごい。

グラフィックは頑張っているところと残念なところがある。

演説シーンが度々挿入されるが、棒立ちの人物がまばらに突っ立っている場面が度々映し出され何だかなーという気分になる。

シナリオ自体は今のところ悪くはないという印象。ただ、一度イベントシーンにはいると20分近くムービーが続くのは人を選ぶと思う。

ところどころ「ヴァルキュリアシリーズ」っぽさはあるので、シリーズのファンでJRPGにアレルギーがなければそれなりに楽しめるんじゃないだろうか。

ダウンロード購入してしまったので、頑張ってクリアしようと思う。

これから購入を考えている人は中古落ちを待っていてもいいんじゃないかな。

 

XCOM2

 

クッソ難しいことで有名なXCOMシリーズの最新作。

PS4のダウンロード版が昨年末にリリースされたので購入を検討中。

戦場のヴァルキュリアライクなゲームシステムがいい感じ。というか戦ヴァルがXCOMをパクッたんだろうけど。一度触れてみたい。

しかし難易度のついていけるかどうか・・・

 

真女神転生4FINAL

真・女神転生IV FINAL - 3DS

真・女神転生IV FINAL - 3DS

 

 

ペルソナ5をクリアしてしまったのでアトラスゲーム分の補給のための購入。

軽く触って見たところメガテンシリーズの割には親切な印象。これも時代の流れ。システムが親切になるのはいいこと。

戦闘はシンボルエンカウント方式でエネミーシンボル沸きすぎな印象はあるが、おかげで寝る前に小一時間プレイしただけでゲームした実感が得られる。悪くないバランスだと思う。

真女神転生3は未プレイなので、プレスターンバトルは初経験だが、よくできたシステムだなという感想。ザコ戦闘が楽しいのは良いRPG。

シナリオは若干ポップなのでシリーズファンは「これじゃない」感を感じるかもしれない。私はこれはこれで好きです。真女神転生4をプレイしてなくてもストーリーの流れは大体分かります。

 

NieR:Automata / ニーア オートマタ

 

ニーアシリーズは未プレイでヨコオタロウ作品も初めてだけど「人類が死滅した世界でロボットが宇宙人と戦う」という設定がツボなので購入を検討中。

映画を見てても無機物に感情移入してしまう方です。

デモ版をダウンロードしてみたところプラチナゲー全開で笑ってしまう。シリーズのファンの方的にはこれは大丈夫なんだろうか?

個人的にはプラチナゲーは嫌いじゃないです。

 

Offworld trading company

シヴィライゼーション4のリードデザイナーとして有名なソレン・ジョンソンが独立して作った経済RTS。最近日本語化MODが配信されたようなので購入を検討中。

同時に複数のことをこなすのが苦手なのでRTSに良い印象はないけれども、そんな人間でも全然プレイできる仕様らしい。

非常に興味がある。

 

バトルフィールド1

バトルフィールド 1 - PS4

バトルフィールド 1 - PS4

 

 

FPSも未経験なので是非やってみたいジャンル。

PS4でのリリースされている最近の作品の中では「バトルフィールド1」と「Overwatch」が評判がよさげ。

「Overwatch」はネット対戦オンリーということなのでスルー。キャラクターデザインは好みなのでやってみたいけど、今更初心が参戦しても鬱陶しがられるだけでしょう。

「バトルフィールド1」はキャンペーンモードが面白いと評判なので。売れているらしいので中古の数も潤沢でしょうし。

Horizon Zero Dawn

Horizon: Zero Dawn (PS4)

Horizon: Zero Dawn (PS4)

 

 

SCE開発の超大作。とりあえず押さえておこうかと。

アサシンクリードシリーズでオープンワールドゲームに初めて触れたけど、特に思うことは無く・・・。嫌いじゃないんですけど。

アメリカ人は何であんなにオープンワールドゲームが好きなんだろうか。今やオープンワールドでなければゲームにあらずという風潮すらある。

Horizon Zero Dawnは世界観が魅力的なので、キャラクターを動かすだけで楽しそう。あっ、これがオープンワールドゲームの魅力か。自己解決。

 

スプラトゥーン2

www.nintendo.co.jp

Nintendo Switchの普及に関わるキラータイトルの一つ。

「スプラトゥーン面白そうだなー、でもこのためにWii U買いたくないなー」と思っていたので新ハードで出るのはちょうどいい。

Switchが普及するかどうかは未知数だが、新し物好きなので供給が落ち着いたら手に入れたい。

たぶん前作で慣らしたキッズたちにボコボコにされるんだろうけど、それもまた良しということで。

 ARMS

www.nintendo.co.jp

Switchの機能を魅力的に使っている新感覚格闘ゲーム。

格闘ゲームのコマンド入力に挫折した人間なので是非やってみたい。手軽に駆け引きを楽しみたいんだ!。

しかしこのゲーム、おもちゃの「拳闘士」の豪華版だよな。思い浮かべた人は多いんじゃないだろうか。

 

拳闘士 パート2

拳闘士 パート2

 

 

ハートオブクラウンPC

ハートオブクラウンPC

ハートオブクラウンPC

 

 

デッキ構築型カードゲームの元祖「ドミニオン」をオマージュしたタイトル。ドミニオンクローン。

もともとはドミニオンと同様カードゲームだが、ライセンス提供で開発されたPC版に興味あり。ボードゲームは興味はあるけど基本的にぼっちです。

ドミニオンにもIPadアプリ版、WEB版があるようですが、内容が硬派。

ハートオブクラウンくらいフレーバーが甘い方が取っつきやすい。

下記の動画の解説がわかりやすい。

【HEARTofCROWN PC】 紹介&ルール説明動画 by EIKI` ゲーム/動画 - ニコニコ動画

ウィザードリィよりドラクエ、マインクラフトよりドラクエビルダーズ、ハースストーンよりシャドウバースの方がやっぱり取っつきやすいじゃないですか。パクリなんだけど。

 

まとめ

1タイトルに1.5ヶ月にプレイ時間もかかると計算して、10タイトルしかプレイできないのか・・・

あらためてビデオゲームは時間ドロボーだなと思う。遊べる時間を考えると費用対効果は全然いいですけどね。

ゲームプレイ時間を捻出するためのタイムマネジメントもまたゲームですね。

 

DELL XPS13を買った話。過不足が無い高性能モバイルPC

ILCE-7RM2  DSC06033  f _ 2.8의 1_500초  FE 24-70mm F2.8 GM  29mm  ISO 2000

 

諸般の事情で夏頃にパソコンをmacからDELLのXPS13(プラチナモデル)に買い換えました。

中国生産なんで即納モデル以外は納期がかかると覚悟はしていましたが、いやー、DELLは焦らしプレイが好きですわ。

これからオーダーする人のためにどれくらいで納入されるのかを時系列でまとめます。PC本体関しても軽くレビューしますよ。

www.dell.com

XPS13が届くまで

オーダーした日付は8月22日。しばらくオーダーステータスには変化なし。

 

8月27日にオーダーステータスに変化あり。配送予定日は8月28日との連絡。

「明日やんけ」とツッコミを入れながら、この配送予定日はDELLからの発送する日であって、到着する日ではないのではないかと考える。

ステータスも海外輸送中との表記だし、明日はまずないでろうとワクワクを抑える。

 

案の定8月28日に届かず。

28日中にオーダーステータスの配送日が9月4日になる。

しかしオーダー情報での配送日は9月1日の表記。なんで違うの?

情報の更新が遅いためオーダーステータスが用をなしていない状態。まあ1日に膨大な量のパソコンを組み立ててるわけなんで仕方ないだろうね。

 

いろいろブログを読んでいると遅いほうの配送日程が正しい模様。

実際の配送日は2~3日前倒しされるケースが多いようなので、9月2日くらいに届くんだろうと当たりをつける。

 

8月31には佐川急便で発送しますとの内容がオーダー情報の更新あり。

今度はオーダー情報の日付の通りの9月1日に佐川急便で届く。

フー、やれやれ。

 

すぐにPCが欲しい人はやきもきすること必至なのでオーダーは余裕がある時の済ませた方が吉です。

 

Windows10の感想

初のWindows10ですが、トラックパッドのスクロールがリバースなので、思わず「今風やんけ」と思う。天下のマイクロソフトもスマホの操作感の合わせてくるんですね。

 

しかし、相変わらずwidnowsは高DPI時のスケーリングがクソですね。設定を変えると文字が滲む滲む。windows8の時からまったく変わってない。

これが嫌でmacに乗り換えたんだよなーと思い出しました。

 

Clear typeフォントの設定でシステム本体の文字はキレイになるけど、itunesなどアプリの滲みはどうにもならんですね。これは慣れるしかないでしょう。

 

フォントの美しさはMacがWindowsに圧勝してますね。ジョブズが最初にこだわった点がフォントらしいので、当たり前といえば当たり前ですね。

 

Windows10のシステムフォントは噂通り汚いので見慣れたメイリオに変更。なんで毎回システムUIを変えるのか。改良のつもりなんだろうけど。

 

キーボードについて

一部の人には英字配列が支持されていますが、特にこだわりはないのでJIS配列キーボードでオーダー。

 

WEBメディアのレビューでもEnterキーが小さいことは慣れれば気にならないとの記述が多かったですが、実際その通りで慣れれば特に気にならないと思います。

私の場合は最初から全く気になりませんでした。Backspaceキーに関しても問題なし。

写真で見るとなんじゃこれ?と思うEnterキーの形状ですが、大丈夫です。

 

キーストロークもMacBook proより深いので長文タイプピングもOK。

トラックパッドに関してはmacの方が出来が良いですね、やっぱり。これはモバイルマウスを使うので問題なしです。

 

Logicool ロジクール MXAnywhere2™ ワイヤレスモバイルマウス BluetoothSmart・USB対応 MX1500
 

  

ディスプレイ、サウンドなど

ディスプレイについてはQHDディスプレイも選べるのですが、13インチだとHDサイズで十分です。HDサイズでも125パーセントに拡大しないと結構目にきついです。

 

ノートPCの音質にそんなに拘りはないですが、XPSは結構鳴ります。これは意外な誤算。BGM程度の音楽鑑賞ではストレスはなしです。

 

ただ出力がUSB Type-C1個しかないので、ディスプレイやプロジェクターと繋いだりするにはコンバータが必要です。荷物といえば荷物ですね。

有線LANはモバイルPCには個人的には必要ないと考えているので、無くても問題なしです。

まとめ

タイトル通り過不足がない概ね満足できるモバイルPCです。

MacBook12インチサイズを意識したゴールド色も良し。HPのpavilionシリーズもいいですが、モノとしての質感はXPS13の方が個人的にはいいと思います。

 

プラチナモデルを選択しましたが、PhotoshopもIllustratorもサクサクです。動画編集は軽い動画編集程度なら大丈夫じゃないでしょうか。ビジネス用途で使う分には全く問題でしょう。

 

このPCでゲームをやろうと思う人はなかなかいないでしょうが、civilization6は普通に動いてます。特に引っかかり無くプレイできます。

store.steampowered.com

 

ファンが回る頻度に関しても及第点だと思います。WEB閲覧+Officeソフト程度では回りません。音に関しても爆音でも不快な高音でもなく、ファンが回っていても気にならない程度です。

 

軽量でコンパクトなモバイルPCとして、レノボのThinkpadと比較検討されることが多いだろうXPSシリーズですが、Thinkpadと比較しても遜色ないくらい質感がいいです。一昔前のDELLのイメージとは全然違います。

ゴールド色は本当に格好いいですよ!

価格も競合メーカーと比べてもコストパフォーマンスはいいのでオススメです。

デル株式会社

また、ご存じだと思いますが、DELLは頻繁にセールやキャンペーンを行っていますので、デルの公式サイトは度々チェックしておいた方がいいですよ。

逆に言えばキャンペーンの内容がころころ変わるので、DELLのPCは欲しいときが買い時といえます。

是非、公式サイトで構成についてあれこれ悩んで見てください!

New XPS 13(2016/9/13発売)について詳しく